日本の迷い方

旅行を、ちょっとだけ快適に。

【搭乗記】GK0323(東京成田/下地島)

便名:JJP0323
日付:2019/04/xx
機材:A320-200
区間:東京成田(NRT)07:25→下地島(SHI)10:25
区間マイル:約1,180

日本にある大抵の空港はいわゆるレガシーキャリアの路線が開設されている。
そんな中、LCCしか就航していない空港が沖縄の、しかも離島に存在する。

その空港は、元々国内航空会社の訓練空港として運用されていた。
しかし技術の進展につれ実機訓練が減少し、JAL系が2012年、ANA系が2014年に撤退、
以来、一部の航空会社が散発的に訓練するのみで、低稼働の状況が続いていた。

この状況を打開するプロジェクトの一環として旅客ターミナルが建設され、
ジェットスターが成田との間に定期便を就航することになった。
下地島を上空から眺めてみたかったこともあって、就航早々に乗ってみた。

この便の成田発は07:25(就航時)。
ちなみに、現行の冬スケジュールでは06:50と30分以上早くなっている。

恐らく冬場のジェット気流だとか、諸々考慮したスケジュールなのだろうが、
この30分の影響で冬場のこの便の利用難易度が著しく高い。

東京都内から鉄道で成田空港に向かう場合、始発の空港着は06:14(スカイアクセス)。
ジェットスターLCCターミナルとして運用されている第3ターミナル発着で、
過去に記事にした通り、割と急ぎ目で移動した場合でも約20分かかる。

biketourist.hatenablog.com


となると、20分を加味するとターミナルに到着するのは最速で06:34頃で、
つまり、出発15分前にターミナルにたどり着くのが精一杯。
そもそもジェットスターは出発時刻の15分前ドアクローズを謳っているから、
ターミナルに到着する頃にはもう既に飛行機のドアは閉まっている。

www.jetstar.com

そんな背景もあり、公共交通機関を利用して冬場この便に搭乗する場合は、
前泊か深夜バスが必須条件。それゆえ、どうにもこの便を使うのが難しい。
なんとか冬場も夏と同じ時間の出発にはできないのだろうか。

なお、余談だが大手の航空会社も昨年10月より手荷物検査場の締切時刻が早まった。
(従来15分前だったのが20分前に変更)
いつも出発時刻ギリギリに通過している人は要注意。

www.jal.co.jp

閑話休題

空港第2ビルの駅から駆け足気味で搭乗口へ向かうと、ほぼ待ち時間なく搭乗開始。
ジェットスターもこの頃にはiPhoneのwallet機能が利用できるようになっていた。
紙をいちいち探すのが面倒なので(ものぐさだ)、画面ですべて確認できる方が好み。

成田の第3ターミナルは搭乗橋のようなものはなく、沖止め以外の場合は、
ゲートをくぐると階段を降り、屋根つきの通路をしばらく歩くと搭乗機にたどり着く。

搭乗したのがGW前の何でもない日曜日だったこともあってか、搭乗率は低め。
3人掛けに自分以外誰も座ることなくドアクローズ。周りも同じような状況。

近距離の便だからか、ターミナル近くのB滑走路から離陸。

f:id:biketourist08:20200208073920j:plain

空港全景

普段あまり成田から出発することがないから、改めてこうして眺めるとえらく大きい。
近い将来、滑走路は3本になるそうで、この先どのように変貌していくか興味深い。

出発が早朝だったこともあって、離陸すると寝たり起きたりの繰り返し。

ついこの間のANA(32G)のときもそうだったのだけれど、
寝てしまえばよほどのことがない限り、座席間隔の狭さは気にならない。
従って、LCCに乗るときには寝るに限る。

biketourist.hatenablog.com


ただ、下手な近距離国際線より距離の長い国内線ということもあって、
一通り寝て、寝飽きたあともなかなか着かなかった。

f:id:biketourist08:20200208073937j:plain

春先っぽい雲

寝たり起きたり、本を読んだりを繰り返していると、ようやく着陸体制に。
この路線のハイライトはここから。

小さな島ゆえ、滑走路の両端を海に挟まれているから、着陸時の景色がとても綺麗。
だから一度空からこの風景を眺めてみたいと思っていた。

f:id:biketourist08:20200208074003j:plain

着陸直前

島の周辺は遠浅の海で、ビックリするような青さ。
しばらく見とれているうちに、滑走路17に着陸。

f:id:biketourist08:20200208074025j:plain

立派な空港

大型機が利用できるように整備された空港だけあって、やたら広々している。
その空港の端の方に小ぢんまり注機。

降機する際のタラップに屋根はなく、
このフライトより少し前、2018年に利用したハワイのコナ空港を想起させる造り。
ゆっくり見学する時間はなかったものの、
国内ではあまり他に例を見ない構造の空港ターミナルに仕上がっていた。

勿論新しいということもあるだろうけれど、
個人的にはレガシーキャリアが利用する宮古空港を遥かに上回っていると思う。

ゆっくり見学できなかったのが残念だったから、
またどこかで時間をつくって、一度ゆっくり見てみたい、と思っているものの、
如何せん往復ともにフライトの時間が難しく、未だ実現できていない。