日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【宿泊記】56.HOTEL R9 The Yard 成田空港西


■Sponsored Link

日付:2022/01/xx
泊数:1泊
部屋タイプ:ツインルーム(13㎡)

2年ぶりに開催された、「第14回 スーパーママチャリグランプリ」に出場したのだが、直前に降雪があり、急遽スタッドレスタイヤ付きのレンタカーに変更することになった。調べると都内には空きがなく成田で車を借りたため、返却しに行った際の宿泊記録。大会それ自体も記事にしたいと思っているが、とりあえず前回の記事を以下に残しておく。

(前回参加時の記事はこちら)

biketourist.hatenablog.com

この日宿泊したのは「HOTEL R9 The Yard 成田空港西」。最近出店が続いている、コンテナを活用したホテル。どんなものか一度利用してみたいと思っており、今回ちょうどよく目的地近くに店舗があったため宿泊してみることに。

(公式サイトはこちら)

hotel-r9.jp

富士スピードウェイから東京を通り越し、ホテルへ到着したのはほとんど日付が変わる直前の0時前。フロントのある建物でチェックインを済ませて客室へ。特徴的なのはチェックインの際に翌朝の朝食をもらえるところで、冷凍庫に何種類かの冷凍食品がストックされており、中から1つ選択することができる。客層によるものなのだろうが、朝から340gの冷凍パスタというのはなかなかがっつり。

HOTEL R9 The Yard 成田空港西 朝食 冷凍パスタ

スーパーで見たことがある市販のもの

部屋はジャッキアップされたコンテナ。災害時には仮設住宅として活用することが想定されているそうで、床下を覗きこむとタイヤが見える。この日は「訳あり」の道路に面する部屋を手配したこともあり、朝は窓の外の道路を大型車両が通過すると確かに若干の振動があった。

HOTEL R9 The Yard 成田空港西 部屋外観

(翌朝撮影)見た目は割とコンパクト

玄関を開けると左手に水回り、正面が居住スペース。見た目よりも室内は広く、また割と防音がしっかりしているのか、音が漏れ聞こえてくるようなことはなかった。尤も、「成田空港」の名前がついているが空港に隣接しているわけではなく、また、工業地帯と農業地帯が混ざったようなところにあるから、休日の夜中はそれほど騒々しいようなところではない。

HOTEL R9 The Yard 成田空港西 客室全景

デスクはない

客室には冷凍庫付きの冷蔵庫と電子レンジ。冷凍食品を朝食として提供しているからだろうが、あまり他のホテルでは見かけない設え。電子レンジには提供されている冷凍食品の種類別の加熱時間が表示されているのが特徴的。

HOTEL R9 The Yard 成田空港西 客室設備

容量大きめの冷蔵庫

HOTEL R9 The Yard 成田空港西 客室電子レンジ

朝食のラインナップはこんな感じ

シンプルながらベッドボードにはコンセントが設置されている辺りは最近のホテルらしいところ。そういえば、リクエストすればもらえたかもしれないのだが、部屋に寝間着がなかったので、この点は予め留意しておいたほうがいいかもしれない。テレビも特に問題なく映るから、意識しなければコンテナに滞在していることを感じさせない。

HOTEL R9 The Yard 成田空港西 客室

テレビも普通に映る

水回りに関してはまったく通常のホテルと変わらない。ユニットバスだから当然といえば当然か。

HOTEL R9 The Yard 成田空港西 客室

ちょっと狭いが、コンテナのサイズを考えれば十分

そんなこんなで翌朝を迎え、割と早い時間にチェックアウトし、無事レンタカーを返却。出発の際、駐車場には業者の車と思われる車が多く駐車されていたから、ある程度の長期滞在者が多いのかもしれない。

こちらの「R9 The Yard」、2022年1月現在で全国に30超の店舗が展開されており、今後も順次新店舗が開業するのだとか。当初、ニュースかなにかで話を聞いた際にはそれほど快適ではないのではないかと思っていたが、深夜着、早朝発の1泊程度であれば不自由しない程度には快適で驚いた。旅行の際、目的地近くに店舗があったときには、モノは試しに泊まってみてはいかがだろうか。

ともあれ、ここ最近の異常事態が頻発する日本列島、備えあれば憂いなしだが、実際に仮設住宅として活用される機会がこないことを願うばかり。

というお話。