日本の迷い方

旅行を、ちょっとだけ快適に。

【自転車】ママチャリ日本GPに参加した話(概要編)

終わった後には謎の達成感。

スーパーママチャリGPという自転車レースをご存じだろうか。

www.japan-racing.jp

それは自動車レース場として名高い富士スピードウェイで開催される自転車レース。
ただ、通常の自転車レースとは異なり、車両がママチャリに限定されている。

そんなレースに参加するような奇特な人々はごく少数だろう、
私はエントリー前、そう思っていた。
しかし、実際エントリーリストを見て驚愕した(前年実績を見ていなかったのだ)。
参加したのは総勢736チーム。これでも例年より参加者が少ないらしい。

これはそんなレースに参加した話。

ざっとルールを説明すると、
・レースは多段・無段・ラブラブ・ハイブリッドの4クラス
・コースは富士スピードウェイのレーシングコース(全長4,563m)
・レースは08:00開始で7時間
・各チームは最低3名、最大10名編成(ただしラブラブクラスは2名)

その他細かいルールは山ほどあるが、概要としてはこんな感じ。
ちなみに、参加するための準備はざっくり以下のようなスケジュールになる。

(12月中旬まで)
①WEBで参加申し込み・参加費支払(クレジットカード)
②各参加者が署名押印した誓約書を大会事務局へ送付
(大会前日まで)
③各種機材・資材の手配(自転車本体・ヘルメット・ゼッケン・テント・食材等)
(前日から当日の早いうちに)
④会場内の場所取り
(レース当日朝5時まで)
⑤車両検査・発信機の受け取り

次の記事からは、実際に参加した様子をご覧いただこうと思う。