日本の迷い方

副題の安定しない知恵袋

【搭乗記】NU0836(北大東/南大東)


■Sponsored Link

便名:RAC0836
日付:2014/03/xx
機材:DHC8-100(DH1)
区間:北大東(KID)15:30→南大東(MMD)15:45
区間マイル:8
搭乗クラス:普通席


前回が世界最長路線なら、今回は日本最短路線のお話。

biketourist.hatenablog.com


日本には約7,000弱の島があるそう。

勿論、大きさの大小はさまざまだが、
さほど大きい島ではなくとも、航空路線が存在する離島も数多く存在する。
今回の北大東、南大東もその一つ。2つか。

両島は隣接しており、それぞれ那覇から約360kmと、東京から名古屋くらいの距離がある。
(那覇から宮古島もほぼ同じくらいの距離だ)
ともすると、フェリーでは片道1日かかり、少しばかり利便が悪い。

このような場合、飛行機が活躍することになるのだが、
隣接する南北大東島の間は距離が極めて近く、8マイル(約15km)しかない。
それぞれ那覇から往復するよりは、一気に2島分運んでしまえ、
ということなのか、三角形の経路で運航している。

どういうことかというと、那覇からまず北(南)大東へ飛び、そこで乗客を入れ換え、
南(北)大東へ飛んだ後、那覇に戻るという飛び方をしている。
週のうち何日かは時計回り、残り数日は反時計回り、という感じ。

結果、15kmほどしかない両島の間のフライトが日本最短路線となっており、
この路線、時刻表上、出発から到着まで15分。
飛行機の所要時間は地上の移動等を含むから、実際の飛行時間は数分といったところ。

こういった最長、最短といった記録に弱い私は、この路線に搭乗するため、
のこのこ沖縄まで出掛けたのだった。

当日、那覇からの便で北大東到着。乗って来た飛行機が次は南大東へ向かう。

目的地がどこであれ、各空港ではすべての荷物を持って全員降機。
この日は比較的天気がよかったから気分が良かったのだけれど、雨だと大変そう。

機材は既に退役してしまったDHC8-100で、40人は乗れなかったと思う。
Wikipediaによると全長は約22mで、電車に羽根が生えたような大きさ。

f:id:biketourist08:20200624090239j:plain

約40人乗り

兄弟(姉妹?)機にDHC8-Q400という少し大柄な飛行機があるが、あの飛行機の「Q」はQuietのQ。
こちらの飛行機には「Q」はついておらず、比べると確かに騒がしかった記憶がある。

空港ターミナルはコンクリート造で見る限り比較的新しそう。
鹿児島の離島なんかは町役場のような空港も多いのだが、沖縄はどこも比較的立派。

f:id:biketourist08:20200624090342j:plain

比較的新しそうなターミナル

今回、チケットは那覇/北大東(特典)、北大東/南大東(有償)、南大東/那覇(特典)とすべて別切り。

まとめれば那覇/どちらかの島の往復で手配できるのだが、
JALのHPで確認できる、「生涯フライト記録」に区間情報を残したいという理由で別切りに。
(往復で手配すると、南大東か北大東、どちらかの島が表示されないのだ)
これによる金銭的なメリットは何一つないが、この趣味、経済合理性を考えたら負け。

f:id:biketourist08:20200624090313j:plain

空港外観

ターミナルに入ったものの便間は20分ほどで、息つく間も無く搭乗時刻。

乗り込める人数が40人弱とあって、搭乗はすぐに完了。
地方空港は滑走路も近いから、安全関係のデモンストレーションが終わるかどうか、
という頃にはすでに滑走路端、離陸のポジションに到着している。
デモンストレーションが終わると、そのまま離陸のアナウンスがあり、滑走開始。

離陸し、車輪が格納されて3分も経たないうちに、最終着陸体勢のアナウンス。
アナウンスが終わる頃には再び車輪が出てきた。

両島ともさほど大きいわけではなく、そのうえ島の外側は断崖絶壁。
着陸ギリギリまで見えるのは真っ青の海のみで、地面が見えたとほぼ時を同じくして着陸。
そのままスポットインして、所要時間15分ばかりのフライトが終了。

全体的に見るとすごく短い便なのだけれど、
車輪が格納されている数分間が思いの外長く感じ、15分以上あったように感じた。
当時、離着陸の向きによっては飛行時間が3分、という日もあったとか。
せっかくならばそんな日に乗ってみたかったものだが、こればかりは運次第。

f:id:biketourist08:20200624090358j:plain

雰囲気が石垣空港と似ている

南大東からもまた同じ飛行機で那覇へ戻る。

乗務員さんは変わらず一緒で、全く気にしちゃいないだろうがどうにも気恥ずかしい。
悪いことをしている訳ではないのだが。

南大東では有名な「大東寿司」を購入。
この大東寿司、八丈島からの移住者が広めたとされ、八丈島の「島寿司」とよく似ている。
ただ、「大東寿司」の方が辛かったような。

f:id:biketourist08:20200624090413j:plain

大東寿司

余談だが、時々那覇空港でも購入できる。
恐らくこの便で輸送しているだろうから、夕方から夜にかけてだろうか。
気になる方は、空港待合室内の売店を眺めてみるといいかも。

(ちなみに、八丈島の「島寿司」についてはこちら)

biketourist.hatenablog.com

 

ともあれ、そんなこんなで那覇に戻った。
この翌日は第一航空で沖永良部へ。その様子は以前投稿した以下の記事で。

biketourist.hatenablog.com