日本の迷い方

旅行を、ちょっとだけ快適に。

【搭乗記】DAK0201(沖縄那覇/沖永良部)

便名:DAK0201
日付:2014/03/xx
区間:沖縄那覇(OKA)11:00→沖永良部(OKE)11:50
区間マイル:110(推定)

 「奄美群島アイランドホッピングルート」というのをご存じだろうか。

www.jal.co.jp

ちょっと前まで奄美と沖縄の間は、実距離が近いにも関わらず、
利用しやすいとは言いがたいダイヤで、実際に活用して往来することが難しかった。

それがここ数年のうちにずいぶん改善されて、
例えば奄美・沖永良部・与論なんかは那覇と毎日JALグループ便が飛ぶようになり、
このお陰で、鹿児島県の離島を訪問する際も、
鹿児島経由のほか、那覇経由という選択肢が取れるようになった。

一方で、ひっそりと撤退した航空会社がある。
その名は「第一航空」。

当時、よもや撤退するなど思いもしなかった。
今になって振り返ってみると、乗っておいてよかったと思う。

記事投稿時点でもう5年近く前の話で、現在とはIT事情なんかがまるで異なっており、
インターネット予約すらなく、電話で予約して、銀行振込で支払った記憶がある。

f:id:biketourist08:20200101230505j:plain

当時は「空港食堂」の隣に事務所があった

当日は事務所でチェックインし、ターミナル脇からワゴン車で搭乗機へ向かった。
空港内をぐるぐる回って、海側の格納庫前から搭乗。

f:id:biketourist08:20200101230518j:plain

パイロットと客席に仕切りはない

当時の第一航空の機材はブリテン・ノーマン・アイランダーで、定員は乗員含め10名。
乗員は機長1名で、実質乗客は9名しか乗れず、満席の場合は操縦席に1名乗るそう。

この日は満席にはならず、パイロットの真後ろに着席。
今まで数知れず飛行機に搭乗したものの、
操縦している様子と前方風景を見ながらフライトしたのはこの時のみ。

当時からかなりの月日が経ったものの、
那覇空港の滑走路から離陸して那覇市街、沖永良部空港への着陸体制と、
眺めた景色は未だに忘れられない。

f:id:biketourist08:20200101230604j:plain

マイクロバスくらいの大きさ

50分のフライトはあっという間で沖永良部空港へ到着。

f:id:biketourist08:20200101230546j:plain

ちょっとルフトハンザっぽい

そんな貴重な体験のできるこの路線、搭乗後、スケジュールが不安定な時期が続き、
いつしか運航されなくなったと思えば、路線そのものがなくなってしまった。

懐古趣味と言われるかもしれないけれど、当時だったからこその良い思い出。