日本の迷い方

副題の安定しない知恵袋

【滞在記】JRタワーホテル日航札幌


■Sponsored Link

日付:2020/08/xx
泊数:1泊

最終便で千歳に到着し、ホテルに投宿。

(搭乗した便はこちら)

biketourist.hatenablog.com


この日の宿は札幌駅直結のJRタワーホテル。

(公式サイトはこちら)

www.jrhotels.co.jp


改札口からは一瞬駅舎外に出て、隣のビルの通路からホテルへアクセスする格好。到着したのが23時前ということもあり、駅構内を含めてほぼ人気がない状況。

f:id:biketourist08:20201216100805j:plain

時間が時間ということもあって静まり返っている

50mほど歩くとホテル入口。

f:id:biketourist08:20201216100829j:plain

少し裏口っぽさのある入口

この日の部屋は比較的高層階のシングル。

各種OTAでは評価が高いから、どんなものかと思ってやってきたが、
昔ながらのいつもの日航ホテルという感じ。
どこに行っても大きく変わらないというは、どこか安心感がある。

f:id:biketourist08:20201216100913j:plain

イメージ通り

部屋の広さはビジネスホテルにして標準的、シティホテルだと若干狭め?という感じ。この日は寝るだけなのでさほど問題ないが、寛ぐには少し狭いかもしれない。

f:id:biketourist08:20201216100939j:plain

スーツケースを開けるとぎりぎり

デスクはちょうどPCが開けるくらいのサイズ感。
実際に作業をするとすれば、電話機を少し脇に避けてスペースを捻出する感じか。

f:id:biketourist08:20201216101042j:plain

PCと書類を広げるには少し場所不足

このホテル、開業したのは思いの外最近?で、2003年開業。
ただ、以前もした話ではあるが、この頃はまだバス・トイレ別のトレンドはなく、したがって、ちょっと作りの丁寧なシステムバスといった感じ。

f:id:biketourist08:20201216101101j:plain

バス・トイレは一体型

ベッド廻りを見てみると、通常枕元にありがちな時計や設定盤などがベッド脇に。ベッドと同じ高さにあるのは滅多に見ない作りだが、確かにこの方が楽な感じがある。

ただ、これ以降に開業した日航ホテルで採用されていないところを見ると、あまり評判はよくなかったんだろうか。

f:id:biketourist08:20201216101008j:plain

通常は枕元にある

部屋の設えについてはそんなところ。
この日は到着が遅かったこともあって、程なくして就寝した。

翌朝は早朝に出発。
出発前に外を眺めてみると、周囲に高層ビルが殆どないこともあって、眺望は良好。

それでも最近はいくらかタワーマンションが建ち始めているから、
四方を見渡すと、以前より少しばかし眺望が悪くなっているかもしれない。

f:id:biketourist08:20201216101217j:plain

当日泊まった部屋から見えるのは東方向

チェックアウトした後はJRで目的地へ移動した。

これまで札幌に何日も滞在することが多くなく、定宿と言えるホテルがなかった。それゆえ近頃いくつかのホテルを試しているような状況。

今回宿泊したこの日航ホテルについては、
駅直結という利便性は何者にも代えがたいが、通常時は少し価格が張るのと、値段の割に少し部屋が狭いかな、という感覚。

この点、駅からは少し離れてしまうが、2019年の末に泊まったJALシティの方が、当時文句を言ってしまったものの、個人的には趣味に合っているかな、といった感想。

(当時宿泊した際の記録はこちら) 

biketourist.hatenablog.com


昨今札幌駅周辺には数多くのホテルが新規開業しているから、
それらを含め、もう少し試してどこか気に入ったところを見つけたいところ。