日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【滞在記】08.ホテルJALシティ札幌 中島公園


■Sponsored Link

日付:2019/12/xx
泊数:1泊

野暮用で北海道を訪れた時のお話。12月下旬のとある平日、北海道へ行ってきた。

思い返してみると、ここ最近北海道へは年何度か来ているものの、札幌に泊まる機会があまりなく、いつも旭川やら帯広やらに泊まっている。結果、札幌のホテルはここが定宿、と思い当たるホテルがない。

そんな状況の中、ちょうど札幌に泊まる機会ができたので、定宿探しで新しく開業したJALシティに泊まることにした。

(公式サイトはこちら)

www.sapporo-nakajimapark.hoteljalcity.com

ホテルに到着したのは夜23時頃。

車で到着したところ、施設の駐車場は台数が少なくすでに満車。ホテル自体の駐車場の容量は30台分らしい。聞くと提携駐車場はないそうで、建物に隣接するタイムズの駐車場に車を止めた。

f:id:biketourist08:20200101222053j:plain

フロント

パックで予約したため、手配はJALPAK経由(フライトとホテルのセット)。

チェックインしたとき、ルームキーのみで朝食券がなく、聞いてみれば素泊まりの契約と言われる。あれ?と思いつつ一旦その場を離れたところ、後から朝食つきだったと伝えられた。

結果的に貰えたから良いのだが、まだ新しいホテルとはいえ、JALの看板を背負って運営しているのだから、最低限のラインはしっかりやってほしいなと思わないでもない。

チェックイン段階ではあまり良い印象がないまま、ひとまず居室へ。

f:id:biketourist08:20200101222121j:plain

ツインにアップグレードしてくれていた

部屋に入ったところ、まず目についたのはベッド二つ。特段の説明はなかったものの、アップグレードしてくれていたらしい。

折角好意でアップグレードしてくれたなら、「アップグレードしました」と一声かけてくれればこちらも謝意を伝えられるのに。どうも見せ方が上手くなく、勿体ないように見えてしまった。

f:id:biketourist08:20200101222236j:plain

部屋全景

部屋はスペースの大半をベッドに費やすつくりで、デスクはなし。その代わり、窓際のソファにサイドデスクのような小さな机がついていた。

f:id:biketourist08:20200101222157j:plain

水回り

水回りはバス・トイレ別のつくり。日本のホテルでは比較的アメニティが多いほう。ちなみに今まで一番多かったのは群馬県高崎市にあるココグラン。

f:id:biketourist08:20200101222220j:plain

お風呂

お風呂は別で大浴場が用意されており、基本は大浴場を使う想定なのだろうけれど、到着が遅かったのと、例のごとく部屋から出るのが億劫になり、こちらを利用した。翌朝は8時過ぎくらいに朝食会場を利用し、9時過ぎにチェックアウト(規定のチェックアウト期限は11:00)。朝食会場は8時くらいでも特に待たずに利用できた。

滞在時間が短めで、居室に関して特に気になることがなかった分だけ、到着時の対応が少し残念だった。ただ、これを踏まえても札幌の常宿候補としてはあり。

というお話。