日本の迷い方

副題の安定しない知恵袋

【搭乗記】NH4757(東京羽田/函館)


■Sponsored Link

便名:ANA4757(ADO運航)
日付:2020/12/xx
機材:B767-300ER
区間:東京羽田(HND)06:55→函館(HND)08:15
区間マイル:424
搭乗クラス:普通席

朝イチの飛行機で函館へ移動。

前夜はターミナル内の羽田エクセルホテル東急に宿泊していて、
出発時刻の40分ほど前にチェックアウトして制限エリアへ。

 (宿泊に関する記事はこちら)

biketourist.hatenablog.com


今回、購入したのはANAのチケットだが、搭乗するのは久々のAIRDO。個人的にはここ数年搭乗した記憶がなく、最後に搭乗したのはもう10年近く前。今回も、いつも通りJALでよかったのだが、こと函館に関してはAIRDOがずば抜けて朝早く、こちらの便のほうが都合がよかった。

函館はAIRDOのなかでもローカル路線の扱いゆえ、バスゲートからの出発。中型機に区分されるB767で沖止め、バス搭乗というのは何とも新興航空会社らしい。

f:id:biketourist08:20210430013905j:plain

普段よく搭乗する737と比べると明らかに大きい

f:id:biketourist08:20210430013941j:plain

北海道の翼

機内に入ってみると、座席も荷棚も、どことなくレトロな雰囲気。
どうやら、AIRDOにとって2機目で20年選手の、JA01HDという機体だった模様。ちなみにこの機体、2021年2月をもってお役御免となったのだとか。

f:id:biketourist08:20210430014045j:plain

近頃、3色以上の座席はあまり見かけなくなったような

f:id:biketourist08:20210430014115j:plain

荷棚は膨らみのない直線的なタイプで、テレビはブラウン管

早朝の便だけあって空席多数で出発し、34R滑走路から離陸。

f:id:biketourist08:20210430014201j:plain

東京湾は今日も行き交う船多数

離陸してしばらくは地上が見えていたが、暫くするといつも通り雲の中。
搭乗する時間帯のせいもあるが、北関東から東北あたりはろくに眺められたことがないような。

f:id:biketourist08:20210430014227j:plain

一面の雲海。これはこれで綺麗なのだが。

上空では飲み物のサービス。

新興航空会社はどこも飲み物に力を入れていて、例えばAIRDOでは北海道北見産の玉ねぎを使ったオニオンスープのサービス。他にも、九州を中心に路線展開するスターフライヤータリーズのコーヒーが出たり、同じく九州のソラシドエアでは、アゴ(トビウオ)ユズスープなんて変わり種も。

f:id:biketourist08:20210430014255j:plain

「ベアドゥ」柄の紙コップ

札幌よりも短い距離だけあって、飲み物を飲んでいるとじきに降下開始。

函館空港へは大間側(空港東側)からの進入。
着陸寸前になって見えてきた地上はいかにも晩秋といった感じで、
東京よりも一足先に冬が近づいていることを体感できるような風景。

f:id:biketourist08:20210430014323j:plain

冬はもうすぐそこ、といった感じ

そんなこんなで時間通りに函館空港に着陸。

ちなみに、函館空港の手荷物回転台にはマグロのオブジェが廻っている。
有名な大間のマグロと漁場は一緒なのに、本州側と北海道側、上がる場所で値段が若干違うとか、違わないとか。

f:id:biketourist08:20210430014356j:plain

青森が大間のマグロなら、函館は戸井のマグロ

空港からは、函館駅前行きのバスで市街地へ移動した。
空港から函館駅までは比較的近く、バスで20分ほどの道のり。

f:id:biketourist08:20210430014441j:plain

バスは飛行機の各便に接続して出発。

先日、ソラシドエアとの統合の噂が報じられたAIRDO。

新興3兄弟の中では最も影が薄く、個人的には元よりANAの運航子会社に近い印象があったが、それにしても、今後が気になるところ。