日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【乗車記】サフィール踊り子1号(品川/熱海)


■Sponsored Link

便名:サフィール踊り子1号
日付:2020/12/xx
区間:品川(11:08)→熱海(12:17)
乗車クラス:プレミアムグリーン車

西方向へ日帰りの予定。

神奈川県のようなイメージがありつつも、実は静岡県の熱海が目的地。熱海までは新幹線でも特急でも大差なく、調べてみるとちょうどいい時間に「サフィール踊り子」がいて、これに乗っていくことに。

乗車したのは品川駅。
出発20分ほど前に駅に到着し、券売機で空席状況を検索したところ、プレミアムグリーン車の窓側に空きがあったので、そのまま発券。

余談だが、東京から熱海までぎりぎり100kmを超える一方で、1駅進んだ品川からでは100km未満となり、料金区画が1段階下がる。この列車の場合、グリーン料金等も加算されるため、乗車時間は10分も変わらないのに、結構な金額が変わってくる。
(プレミアムグリーン車の場合、東京→熱海は7,440円だが、品川→熱海は5,730円)

f:id:biketourist08:20210526085319j:plain

1列2席の変則配置

閑話休題

ともあれ、乗車すると室内は海側だけ座席がある、1列当たり2席の変則的な配置。座席はシェル型になっており、後ろの座席を気にせずリクライニングできる造り。

ただ、リクライニングは問題ないのだが、足元は思いの外間隔が詰まっており、レッグレストを展開すると若干窮屈なのは気になるところ。これにしてもグランクラスにしても、JR東日本のこの類のシートは割と足元が狭い印象がある。もう少し何とかならなかっただろうか。

出発すると、少し早めの昼食。
当時は品川駅の駅ナカに期間限定で「金子半之介」が出店しており、弁当を購入。

f:id:biketourist08:20210526085406j:plain

豪華だが、イートインと比べるのはさすがに酷か

のんびり食事をしていると、あっという間に横浜、大船と通過して郊外へ。小田原を過ぎるとトンネルが増え、外に出ると相模湾が見えてくるのがこの頃。1時間ちょっとの乗車時間はあっという間で、湯河原を通過したくらいで席を立った。

f:id:biketourist08:20210526085436j:plain

他の列車とは異質の雰囲気

改めて車両を見てみると、天窓があり、最近の列車とは異質の雰囲気。

降りしなに隣の車両へ移ってみると、こちらは個室車両。
区間と人数にもよるが、使い方によってはプレミアムグリーン車と大差ない金額なので、機会があればこちらも利用してみたいところ。

f:id:biketourist08:20210526085505j:plain

個室は個室で違った雰囲気

個人的には、伊豆というと割と温暖な明るいイメージがあり、黒基調の色づかいはあまりピンと来ないが、寝るなり、ぼーっと外を眺めるなり、のんびり移動するにはちょうどいいかもしれない。

f:id:biketourist08:20210526085525j:plain

レトロからだいぶ雰囲気が洗練された

現地での用事を終え、東京に戻ってくる際にはレンタカーを利用した。

ニッポンレンタカーの「特割ワンウェイ」でちょうどいい空車が見つかり、東京までのレンタカー料金は1,100円。アプリでしか予約ができず、そのアプリの操作性がよいとは言えないものの、タイミングが合えば格安で移動することができ、中々使いでのあるシステム。

(詳細はこちら)

www.nipponrentacar.co.jp

 
サフィール」は、次回乗るとすれば、個室か、普通のグリーン車の2択かなという感じ。期待値が高いからか、この手の上級クラスは何ともポジティブな評価になりづらい。近鉄の「ひのとり」は中々良かったが。

(当時の乗車記はこちら) 

biketourist.hatenablog.com


そんなところ。