日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【宿泊記】02.名鉄イン 名古屋駅新幹線口


■Sponsored Link

日付:2019/11/xx
泊数:1泊

掛川での2泊3日を終え、更に西方面へ。

f:id:biketourist08:20191201194727j:plain

あっという間の日没

気づけば11月に入り、日が暮れるのがものすごく早くなった。ついこの間まで19時前くらいまでは明るかったのに、ここ最近はもう16時も中頃になると日が暮れてしまう。

掛川から新幹線で豊橋まで行き、豊橋でちょっと寄り道をしつつ名古屋に到着。そういえば、この日のこだまの自由席は窓側が全て埋まるくらいの混雑だった。こだまは空いているイメージがあるのだけれど、最近はこんな感じなんだろうか。

当日は週末だったこともあって名古屋駅は結構な人混み。どこで食事するか悩んで駅の中をうろうろしてみれば、どこも混雑している。駅の外に出ると、もうクリスマスツリーが飾り付けられている。

f:id:biketourist08:20191201195256j:plain

街は徐々にクリスマスモードへ

結局、駅から10分ほど離れたハンバーガー屋で夕食をとってホテルへ。

この日の宿は新幹線口側の名鉄イン。OTA*1サイトで評価が高いこのホテルが気になって、泊まってみることに。旅行だ出張だとあちこち行くからいくつかの街には常宿にしたい宿が見つかったが、ここ名古屋はそれがまだ見つからず、訪れる都度宿を変えて試しているところ。

思うに、
①新しくて手頃なビジネスホテル
②伝統ある高級ホテル
この2種類のホテルが候補だと、私は①を選んでしまう。

雰囲気あるホテルも好きではあるが、それにもまして機能的な部屋の方が個人的には好み。ともあれ、新幹線口を出て10分弱歩いてホテルに到着。

f:id:biketourist08:20191201201054j:plain

外観

割り当てされた部屋は19階。想像以上に高層のビルだったことに驚く。エレベータは3台で、近くのフロアにいなかったのか、居室の階で呼び出すとしばらく待つこともあった。

f:id:biketourist08:20191201203101j:plain

部屋全景

部屋は機能的ではあるものの、少し狭め。

部屋は北向きで、窓のブラインドを上げると岐阜方面が見える。周りに同じ高さの建物はあまりなく、眺望は良い感じ。

f:id:biketourist08:20191201201223j:plain

水回り

部屋に入って右側に水回りが集中。最近流行りのバス・トイレ別のレイアウトで、ユニットバスよりはこっちの方がゆっくりできて好み。浴室は見た目ちょっと狭いように見えたものの、身体を伸ばせるくらいの大きさ。

アメニティは髭剃り・歯ブラシなんかがある標準的な構成。

f:id:biketourist08:20191201201237j:plain

浴室

翌日はセントレア朝7時台の飛行機に搭乗する予定になっていて、寝る前に朝5時にアラームを掛けた、はずだった。

真実は定かでないものの、アラームを止めて二度寝したか、もしくは掛け損ねたか、翌朝起きて時計を見てみれば08:00。久しぶりに心臓が止まるほどビックリしたのだけれど、これはまた別の話。

このハプニングはさておき、快適ではあるものの、ちょっと割高な印象。名古屋での常宿探しはもうしばらく続きそう。

*1:Online Travel Agentの略。じゃらん楽天トラベルなんかがこれに該たる。