日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【搭乗記】JC3741(鹿児島/屋久島)


■Sponsored Link

便名 : JAC3741
日付 : 2019/11/xx
機材 : ATR-72(AT7/T71)
区間 : 鹿児島(KOJ)08:45→屋久島(KUM)09:25
区間マイル : 102
搭乗クラス : 普通席
運航会社 : JAC

11月中旬のとある休日に屋久島へ向かう。

朝07:00鹿児島中央駅発のバスで空港へ向かい、約40分で空港に到着。鹿児島空港ではターミナルの端、12番搭乗口の階段を下りてバスに乗車。バスの乗車距離はものの100mくらいで、歩いたほうが早いのにバスに乗せられるのは、きっと安全上の理由なんかだろうと思う。

朝イチ便の機材はATR-72で日本ではまださほど数の多くない機材。後ろから搭乗するのが新鮮。ちなみに降りる際も後方席からになるので、乗り慣れている人ほど座席指定は要注意。70人乗りの飛行機なので、最前列でもそんなに変わらないとは思うけれど。

(座席配置は以下参照)

www.jal.co.jp

JAC ATR-72 機内

1D席

最前列の前にあるのはコックピット、ではなく貨物室。パイロットは乗り込むときどこから入るのだろうか。

ともあれ、この日は何らかの理由で10分ほど遅れて出発。特に説明はなかった。

鹿児島中央駅付近 航空写真

鹿児島中央駅付近。

鹿児島空港から屋久島までは約100マイルとあって、離陸してベルトサインが消灯したと思えば、すぐ降下といった感じ。ただ、そんな短いフライトでも見所がいくつか。天候等によってルートは変わるだろうけれども、この日を例にすると、

機窓左側:桜島種子島
機窓右側:鹿児島市街地・指宿・開聞岳
といった感じ。

この便では知ってか知らずか桜島がある左側の方が乗客が多く、人気があるように見えた。開聞岳も美しい山なのだが、桜島には敵わないか。

薩摩半島上空 開聞岳

薩摩半島上空。眼下には開聞岳

ドリンクサービスはなくて飴のみ。JAC名物のべっこう飴と黒糖、あともう一種類なにかだったような。

JAC3741便 屋久島上空

屋久

だいぶ海が近くなったと思えば急に島が現れ、しばらくすると着陸。出発は10分遅れだったものの、到着は5分遅れで収まった。