日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【乗車記】のぞみ57号(新大阪/小倉)


■Sponsored Link

便名 : のぞみ57号
日付 : 2022/01/xx
区間 : 新大阪(20:38)→小倉(22:50)
乗車クラス : 普通車指定席(特大荷物スペース)

新幹線で新大阪まで移動してきた。

(直前の移動はこちら)

biketourist.hatenablog.com

当初の目論見ではもう少し遅い新幹線で新大阪に到着し、1時間ほどの間に食事と発券を済ませるという計画だったのだが、思いの外昼間の予定が早く終わり、実際に新大阪についてみれば2時間30分ほどの時間があった。

とりあえず新大阪駅新幹線構内にある「大阪のれんめぐり」へ。

(公式サイトはこちら)

www.osaka-norenmeguri.com

とりあえず串かつをつまんだが、なお時間が余ってねぎ焼きにもチャレンジ。過去、別のお店で食べたことはあったが、「のれんめぐり」の中にあるこちらのお店は初めて。

新大阪駅 新幹線駅構内 串カツだるま

自転車があるので、カウンターではなくフードコート端

新大阪駅 新幹線駅構内 ねぎ焼き

思ったよりも大きめのサイズ

かなりゆっくり目に食事したのだが、食事を終えても1時間近い時間が残っている。かといって自転車を持って入れるようなお店もないので待合室でしばらく時間を潰し、少し早めにホームへ移動。

割とホーム数の多い新大阪駅だが、東海道・山陽・九州の各新幹線が乗り入れるとあって、新幹線は入れ替わり立ち替わり入ってくる。ホームに上がった時点では20:18発の熊本行き「さくら573号」が停車中。現在ホームドアの設置工事をしているものの稼働開始はしていないようで、ドアはすべて解放されている。それもあって尾灯をかなり近いところで見るチャンスがあったのだが、ライトケースの内側はかなり複雑な形。

新幹線 新大阪駅ホーム N700 尾灯

遠くまで照らすための工夫だろうか

そんなことを考えているうちに東京からの「のぞみ57号」が到着。この列車はこの日の東京発博多行き「のぞみ」としては最終1本前の便。直前に出発していった「のぞみ99号(広島行き)」と「のぞみ101号(岡山行き)」は新大阪でそれなりの人数が下車していたが、この列車に関してはそこまで降車客は多くなかった。

新幹線 新大阪駅ホーム N700 乗車口 ホームドア

続けざまに走っているからだろうか

車内に関しては通常のN700(スモールA)で、特筆すべきことは特になし。時間も時間な上、乗車したのが割と後方の13号車ということもあってか、乗客はちらほら、といった程度。

f:id:biketourist08:20220102214216j:plain

自転車の収まり具合はこのような感じ

新幹線 のぞみ57号 N700 指定席 特大荷物スペース

一駅ごとに乗客が減っていった

乗車時点では2021年末の雪の記憶がまだ新しく、遅れでもすれば乗継ぎ先の「ソニック」との連絡はどうなるんだろうかと思っていたが幸い雪の影響はなく、定刻通りに各駅を出発し、22:50に小倉駅に到着。

小倉駅では12分の待ち合わせで、最終の大分行き「ソニック59号」へ乗継ぐ。

JR西日本 山陽新幹線 小倉駅 コンコース

(@小倉駅)乗継ぎ客は少なく、皆足早に改札外に消えていった

ソニック59号」は新幹線に近い7番ホームからの出発で、乗換改札を経由して在来線ホームへ向かった。