日本の迷い方

旅行にひとつ、素敵な思い出を。

【旅行計画】JR北海道の企画きっぷの話

最後は北海道。

この1ヶ月弱の間に、まずは四国・九州、追って東日本と、
日本各地で割引きっぷの発売が発表されて、最後にやって来たのが北海道。

発売されるのは「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」という商品で、
他地域と比較して、有効期限が長いところが特徴的。

www.jrhokkaido.co.jp


北海道では平時から7日間有効の「北海道フリーパス」なる商品が発売されており、
おおよそ同様に旅行することはできるが、今回の商品は北海道の補助金を活用しており、
料金が半額以下になっている点が大きく異なるところ。
具体的には以下のとおり。

■価格
24,000円(うち、12,000円が北海道からの補助金)
※前述の北海道フリーパスは27,430円

■有効期間及び利用可能期間
2020年7月23日から2021年1月31日までの連続6日間
ただし8月10日から19日、12月28日から1月6日の間は利用不可

■きっぷの効力
JR北海道在来線全線の特急列車・普通列車の普通車自由席が乗り放題
普通車指定席は有効期間中4回まで利用可

■購入期限
有効期間開始日の1ヶ月前から前日まで
発売開始は2020年7月17日、終売日は2021年1月25日
※北海道フリーパスは当日も購入可

■発売場所
JR北海道主な駅の指定席券売機みどりの窓口、旅行センター
※北海道フリーパスは全国発売

ルールは一昔前のJR東日本の「土日きっぷ」に近いイメージで、
自由席のみならず、4回まで指定席が利用できるというのは地味に大きい。

ただ、値段が安い分制限もあり、一番ハードルが高いポイントが、
JR北海道の駅または店舗で」、「前日まで」の発売だということ。
3日4日ある旅行なら1日目に購入し、翌日から活用するでも良いが、
土日の1泊2日旅行だとちょっと利用するのは厳しいか。

広大な北海道、例えば札幌から函館まで片道9,440円(通常期指定席)かかるので、
12,000円、しかも6日間有効というのは破格。

ただ、上述の通り、元々12,000円で発売されているわけではなく、
定価24,000円の半額を、北海道が補助金で支援しているというスキームになっている。
早々に当該補助金が枯渇すると、期間を待たずに終売してしまう可能性も。

それほどの予算が充当されているのかはわからないものの、
いつでも利用できると期待せず、利用できたら儲けもの、くらいに思っておくのが幸せか。

とりあえず、そんなところ。