日本の迷い方

旅行を、ちょっとだけ快適に。

【滞在記】城山ホテル鹿児島

日付:2020/02/xx
泊数:1泊


それにしても、在宅勤務が始まってからというもの、運動する機会が激減した。
体重は留まるところを知らず増える一方。
色々試してはいるものの、成果が出るのはいつの日になるだろうか。

閑話休題

お役所関係の私用で九州を訪れたときの記録。
この書き出し、ついこの間も使った気がするが、同じ旅程内のお話。

鹿児島は古くから観光地だったこともあり、比較的市街地に宿泊施設が多く所在していて、
かつ、比較的手頃であることが多い(全体的に物価が安い)。

そんな中、現在鹿児島(市内)で最もハイクラスのホテルが、この「城山ホテル鹿児島」。
つい最近まで「城山観光ホテル」だったのが、いつしか改称したらしい。
ちなみに現在、というのは、2022年に鹿児島にシェラトンが参入するからで、
今後、鹿児島の高級ホテル事情がどう変わっていくかは興味深いところ。

www.traicy.com

無事用事を終え、19時頃にホテルに到着。
このホテル、西郷隆盛が最後の数日を過ごしたといわれる洞窟なんかがある、
城山という小高い山の上にあり、アクセスは車またはシャトルバスが主流。
歩いて行かれないこともないが、坂もあるしちょっと厳しい。

シャトルバスは新幹線の止まる鹿児島中央駅や、最大の繁華街である天文館など、
主要なスポットから時間当たり何本か出ているので、さほど不便な感じはしない。

www.shiroyama-g.co.jp

このほか、少し歩くものの、
「シティービュー」や「まち巡りバス」といった市街地観光路線バスの、
城山バス停から徒歩で到達することも可能(だいたい徒歩5分くらい)。

また、他方のアクセス手段である自動車についても、
約780台分の駐車場が用意されているそうで、過去何度か宿泊した際にも、
車が駐車できず困ったことはない。

宿泊したのはシングルのお部屋。
部屋の鍵は近頃では珍しくなり始めた、シリンダーキータイプ。

f:id:biketourist08:20200407090121j:plain

部屋全景

部屋に入ってすぐ左手が水回りで、浴室に窓がついている、ちょっと変わった造り。

f:id:biketourist08:20200407090251j:plain

水回り

後述するが、このホテルには別途大浴場があるから、あまり使用機会は多くない。

デスクは窓際。ビジネスホテルではないから、最小限くらいの幅と大きさ。
テレビは壁にかかっていて、スペースを有効活用しようという意図が見える。

飲み物はミネラルウォーター1本が無料で、足りない場合、
施設内にファミリーマートがあるので、必要に応じて補充可能。値段は市価と一緒。

f:id:biketourist08:20200407090200j:plain

デスク廻り

 このホテルの売りの一つが、桜島が一望できる露天風呂。
特に朝なんかは、桜島の向こう側から朝陽が昇ってきて、とても気分がよい。

www.shiroyama-g.co.jp

部屋を出て、長い通路のさきに宿泊者専用のエレベーターがあり、
降りると土産物コーナーとこの入浴施設がある。
ちなみに、有料(大人2,300円)ではあるが、ビジター利用も可能。

f:id:biketourist08:20200407090323j:plain

長い通路

個人的にこのホテルが気に入っている理由の一つに「気が利いている」ことが挙げられる。
たとえば、大浴場であれば、タオル等が用意されていて手ぶらで行ける、
駐車場であれば、少し遠い立体駐車場には送迎車が待機していて、歩く必要がない、
といった感じで、滞在中にストレスを感じることがとても少ない。
ほんの僅かな差にも思えるけれど、その差によって快適性は段違いに向上している。

このホテルのもう1つの売りが朝食で、朝食会場にメニューが並ぶ様は圧巻。
(※ただし、現在通常と異なる運営となっている模様)
今年2020年はすこし順位を下げてしまった(20位)ものの、
「トリップアドバイザー」の朝食ランキングに毎年名を連ねている。

tg.tripadvisor.jp


当日は(比較的いつも)朝食会場が混雑していて、15分ほどの待ち時間。
割と長い列に見えるが、会場が割と大きいこともあり、思ったほどは待たない。
待機に際しては待合室も用意されているが、中庭に出てみた。

f:id:biketourist08:20200407090426j:plain

建物外観

ご覧の通り、建物正面には桜島
そもそも高台に所在するうえ、市街地には高い建物もそれほど多くないことから、
眺望は抜群。

f:id:biketourist08:20200407090450j:plain

すこし霞み気味

この日の眺望はすこしガスっぽい感じ。
空気が澄んでいるであろう冬場より、案外夏のほうが綺麗に見えたりする。

以上、鹿児島で一番のホテルの概要。
このほか、他にもいくつか気に入っているホテルがあるけれど、これはまたいつか。

朝食ののち、車で福岡に向かい、その後帰京。