日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【乗車記】なすの253号(上野/小山)


■Sponsored Link

便名:なすの253号
日付:2020/03/xx
区間:上野(08:34)→小山(09:10)

日帰りで栃木へ往復。

昔から常磐線沿線で暮らしてきた身からすると、東北・高崎線の沿線、具体的に言えば大宮より先、栃木・群馬といった、茨城以外の北関東と言うと、その行きにくさから、どうも遠いようなイメージがある。実際は新幹線が走っていて、時間的にはそこまで差はないのだけれど。

スタートはいつも通り上野駅

f:id:biketourist08:20200407084433j:plain

出発10分前

乗車した「なすの253号」は16両編成。通常、東北新幹線は10+7の17両編成が基本で、16というのは割とトリッキーな長さ。今回の列車は7両で走っている列車から1両抜いた、というわけではなく、先代「こまち」の車両がその任を解かれたあと、一定の便に専属で走っている。

上野から小山までは77kmとさして距離はないが、乗車したのはグリーン車。まだ乗ったことのない車両ということもあって、ちょっと乗ってみたくなった次第。100km以内なので、グリーン車と指定席の差額は520円。

f:id:biketourist08:20200407084441j:plain

座席

先述の通り、元々「こまち」の車両だったこともあり、車体(特に横幅)は在来線サイズ。車両のサイズに引っ張られて、1つ1つの座席も比較的コンパクトな作り。おそらく秋田へ走っていた頃から特に何が変わったということはなさそう。

そういえば、この車両と現在の車両が併存していた頃、「スーパーこまち」なる便があった。新幹線で公式に「スーパー」の肩書がついていたのは恐らく今のところこの時だけ。逆に在来線では常磐線なんかで、無印の「ひたち」がいなかったこともあるが。

f:id:biketourist08:20200407084450j:plain

着座視点

乗車したグリーン車は東京方の先頭車(11号車)。
そもそも在来線サイズの上、運転台部分が車両の半分弱を占めることもあって、客室部分の長手側も比較的短め。荷棚部分が特徴的な造り。

えきねっと」でチケットを手配したが、特に何の注意書きが表示されるもなく、11号車を号車指定したら確保できた。

それにしても「えきねっと」、編成表でも出してくれないものだろうか。何号車が指定なのか、自由なのかわからず、どうにも使いにくい。駅の自動券売機と同じようにするだけでも大分改善されると思うのだけれど。

f:id:biketourist08:20200407084502j:plain

エキュートで購入

この日の朝ごはんは上野駅エキュートで購入した浅草今半のお弁当。朝8時過ぎという比較的早朝にもかかわらず、ほぼ全ての店舗が既に開店していた。オフィスでのお昼ご飯とか、出張客向けなんだろうか。

(公式サイトはこちら)

www.ecute.jp


美味しくいただいたのだけれど、心持ちの差か、どうも車内で食べるときは純粋な駅弁のほうが好き。雰囲気の差なのか、そもそも作り方から違うのか。

乗車時間は40分弱と、普段にまして短めということもあって、朝食を取って、少しばかしぼーっとしていると、あっという間に小山到着。