日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【搭乗記】NH0787(東京羽田/大館能代)


■Sponsored Link

便名:ANA0787
日付:2020/01/xx
機材:B737-800(738)
区間:東京羽田(HND)08:55→大館能代(ONJ)10:05
区間マイル:314

日帰り空港スタンプラリー(東北編)の往路。
biketourist.hatenablog.com

当日は羽田発が08:55発と比較的ゆっくりしたスタート。08:00過ぎに空港に到着し、一瞬だけラウンジに寄って搭乗口へ。

ちょうどこの頃、第2ターミナルは国際線受け入れの工事の最中。その後、ターミナルの運用方針が公表されたけれど、行き先ごとにターミナルを分けるのは止めたほうがいい気がする。素人目に見ても混乱が目に見えている。せめて地域別くらいでないと覚えにくいし、ややこしくてならない。

この日の搭乗口は71番。ラウンジから徒歩5分以上掛かって搭乗口に到着した頃には大方搭乗が終わったところ。こういうとき、自分が最後でないとちょっとほっとする。

f:id:biketourist08:20200211001002j:plain

隣のスポットはSFJ

各列ともに隣の席は埋まらない程度でドアクローズ。

f:id:biketourist08:20200211001033j:plain

古い方の内装のB737

ANAB737は、内装が新しいタイプと古いタイプの2種類が存在する。一番大きな違いが荷棚と窓。新しいタイプの荷棚はB787仕様で、収納容量が拡大されており、上から開くタイプ。一方、古いタイプは棚にただ蓋がついているような感じ。窓も新しいタイプはB787よろしく丸みを帯びた形になっている一方で、古いタイプは角張っている。

実際のところ、内装がどうあっても特に不都合はないのだけれど、どちらかというと新しいほうが何となく気分が良い。

北方面への便ということもあり、34Rから離陸。そういえばここ最近、羽田からの離陸ルートが変更されたらしい。次回搭乗したとき、何が見えるかが結構楽しみ。

この日は離陸すると千葉県の東葛地区、つくば周辺を経て北関東へ向かうルート。冬場は空気が澄んでいて地上がよく見えるから楽しい。

f:id:biketourist08:20200211001119j:plain

右手には霞ヶ浦

この便は地上滑走も含めた所要時間が65分ということもあって、離陸したと思えばあっという間に降下に入り、着陸体制へ。結局、定刻より10分以上早く大館能代空港に到着。

冬の東北ということで豪雪地帯のようなイメージをしていたのだけれど、今年は暖冬ということもあってか、滑走路に全く雪はなく、そこまで寒くもなかった。