日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【日本の絶景】36.河内藤園(福岡県)


■Sponsored Link

場所:福岡県北九州市
時期:2021年5月第1週頃

日本には藤の名所は多く存在するが、近年有名になってきたのが福岡県の北九州市郊外にある「河内藤園」。春と秋のごく限られた期間のみ開園されるのだが、CNNによる「日本の最も美しい場所31選」に選定され、徐々に全世界規模で知名度を上げつつある。

余談だが、以前訪れた「あしかがフラワーパーク」もCNNに何らか選定されていたところを見るに、CNNには藤が好きな選者がいるのだろうか。

(「あしかがフラワーパーク」の記事はこちら)

biketourist.hatenablog.com

河内藤園 エントランス付近

見頃の時期を見定めるのが難しい

(公式サイトはこちら)

kawachi-fujien.com


■ 地図情報


それほど大きな施設ではないため、事前予約制になっており、2015年以降は全国のセブンイレブン、ローソンで販売するチケットを購入して訪れる運用になっている。

この日藤園にはJR小倉駅からカーシェアでアクセス。約12kmの距離で、片道45分ほどで現地に到着。以前は鉄道駅からのシャトルバスがあったようだが、直近では運行されていない模様。ただ、普通車の駐車場は約200台分あるそうで、駐車スペースがないということはなさそう。

公式ホームページにも記載があるが、このような施設にして珍しく、園内はかなり起伏が激しい。訪れた日は生憎天気が悪かったのだが、ややもすると転倒して転がってしまいそうなレベルの傾斜のところも。

藤のトンネルを抜けて坂を上がり、頂上まで辿り着くと藤のカーテンが広がっている。栃木のあしかがフラワーパークでは藤の花の下まで立ち入れるようになっている一方で、こちらは多くの部分が立ち入れないようになっているから、遠目から落ち着いて眺めることができるのが良い。

河内藤園 頂上付近

この日も来訪者はそれなりにいた

部分部分で藤の花が咲いているというよりは、頂上エリアのすべてを藤の花が覆っているようなイメージ。これは他の藤の名所とは違った雰囲気。

河内藤園 頂上付近

強い雨が降っていたが、傘は不要

割とのんびり廻ったのだが、もともと割と小規模な施設ということもあり、1時間ほどで廻りきった。

今回訪れたタイミングでは少し見頃を過ぎている状況だったが、それでも十分すぎるほど見事な咲きぶり。事前にチケットの購入が必要という事情もあり、なかなか予定を合わせるのが難しいが、いつか満開の状態のタイミングで訪れてみたいところ。

というお話。