日本の迷い方

旅行を、ちょっとだけ快適に。

【歩いてみた】朽網駅(JR改札口から空港バスのりばまで)

日付:2020/01/xx

 朽網とかいて「くさみ」と読む。

f:id:biketourist08:20200126192814j:plain

プラットホームにて

北九州空港に着いて、小倉行きのバスには乗らず、JR最寄りの朽網駅にやって来た。

あまり知られていないものの、大分県北部の中津(空揚げが有名)へ行こうとした場合、
意外に大分空港より北九州空港の方が便利だったりする。

直近では、この朽網駅から北九州空港のバス路線が、自動運転の実証実験路線になったようで、
機会があれば一度公道を走る自動運転車とやらに乗ってみたいもの。
response.jp

特急も停まらない小さい駅なだけあって、乗り換えはとても簡単。
エスカレーターはないものの、各ホームにエレベーターが完備されている。

f:id:biketourist08:20200126192759j:plain

小さい改札口

本数は一日通して3-4本程度確保されており、案外利便性は高い。
小倉へは20分ほどで行けるほか、大分方面も次の特急停車駅である行橋まで10分ほど。

www.jrkyushu-timetable.jp

f:id:biketourist08:20200126192826j:plain

右に進む

バスのりばは「空港口」にある。改札口を出て右方向に進む。
あちこちに「空港口」の標識があるので、比較的分かりやすい。

f:id:biketourist08:20200126192842j:plain

線路の上あたり

ロータリー側にもエレベーターがあり、重い荷物があっても移動には困らないはず。
看板に従って、左へ進む。

f:id:biketourist08:20200126192852j:plain

上りのみエスカレーター

下りは階段のみ。

f:id:biketourist08:20200126192902j:plain

階段を下りたところ

階段を下りるとバス停到着。100mもないくらいの距離。

f:id:biketourist08:20200126192914j:plain

バスは階段前に発着

www.kitakyu-air.jp
案外バスの本数は多く、時間あたり1-2本。
ここも全国の交通系ICカードが使えるので、現金を用意しなくていいのはやっぱり楽。

移動距離が短い分、乗り換えは小倉駅よりも楽だから、
JR沿線で用事があったときは、小倉発のバスよりこちらの方が便利かもしれない。

(まとめ)
・乗換所要時間は多めに見積もって5分ほど
・ホーム・連絡通路ともにエレベーター完備