日本の迷い方

旅行にひとつ、素敵な思い出を。

【搭乗記】JL4348(熊本/名古屋小牧)

便名:JAL4348(FDA運航)
日付:2019/12/xx
区間:熊本(KMJ)20:10→名古屋小牧(NKM)21:30
区間マイル:375

 

biketourist.hatenablog.com

13時に空港に到着し、阿蘇山辺りを駆け足観光、空港に戻ってきたのち、
この日の目的地の名古屋へ、最終便で向かう。
熊本名古屋線JAL便名がついているものの、運航はFDA

どういう訳か、四国・九州は最終便が名古屋行きという空港が多い。
熊本のほか、大分や松山なんかもそう。機材繰りの関係なのか。

ちなみにJAL便名でチケットを購入した場合、チェックインはFDAでするほか、
FDAの自動チェックイン機は利用できないので注意。
www.jal.co.jp

カウンターでQRコードつきの紙の搭乗券を受け取って手荷物検査場へ。
残すは名古屋行きのみとあって人影はまばらで、ほぼ待ち時間はなかった。

そういえば、熊本空港は2023年目標で建て替えをするらしく、
空港の片隅に仮設ターミナルのようなものが建てられている。
www.pref.kumamoto.jp

そんな事情もあってか、熊本空港のサクララウンジは、昔ながらの雰囲気。
つい最近までどこの空港もこんな雰囲気だったから、懐かしさすら感じる。

f:id:biketourist08:20191223224035j:plain

未改装

そういえばFDA運航でも、
チケットを手配したのがJALであればラウンジは入れるらしい。

搭乗開始時刻くらいに搭乗口に向かってみると、思いの外沢山の人。
熊本と名古屋を往来する人が多くて驚いた。

f:id:biketourist08:20191223224049j:plain

04K

夜中のフライトは余程見知った土地でもなければ外をみても現在地が分からない。
ついでに若干頭が痛かったのもあって、とりあえず目を瞑って少し休むことに。

目が覚めれば飲み物のサービスも終わり、再度ベルトサインが点灯した頃。
折角普段あまり使わない会社に乗ったのだから、珍しい飲み物でももらえばよかった。
とはいえ今一つ頭痛が収まらないまま、ぼーっとしているうちに名古屋飛行場到着。

f:id:biketourist08:20191223224102j:plain

搭乗機

名古屋飛行場には搭乗橋がないから必ずタラップ利用。
ただ、小型機で搭乗橋は時折急傾斜になるから、この方が楽かもしれない。

f:id:biketourist08:20191223224142j:plain

ターミナルまで歩くこと2-3分。

一直線の通路をしばらく歩いてターミナル建屋に到着。
結構遅い時間に到着したものの、まだ各方面行きの交通手段は残っていた。

nagoya-airport.jp

特に深い考えないまま名古屋駅行きのバスに乗らず、
ちょうど来た名鉄西春駅経由のバスと名鉄で名古屋に向かった。

バス25分、名鉄20分前後で、乗継等々を合わせるとだいたい1時間くらい。
距離的には名古屋に近いものの、諸々考慮するとセントレアと大差ないかもしれない。