日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【宿泊記】104.ダイワロイネットホテル 水戸


■Sponsored Link

日付 : 2021/05/xx
泊数 : 1泊
部屋タイプ : シングルルーム(18.2㎡)

日中は千葉県の柏に用事があり、夕方に茨城へ移動し水戸駅前のダイワロイネットホテルに宿泊。翌朝に茨城空港へ移動し、朝イチの飛行機で千歳へ向かう日程。

千葉県 柏駅西口

比較的柏駅前のロータリーは小ぢんまりしている

柏での用事は予定通り18時前に終わり、常磐線で水戸へ移動するのだが、駅に移動すると運悪くときわ号が出発した直後。まもなくやって来た普通列車グリーン車で移動することにした。

この区間普通列車が遅いのか特急列車が速いのか、発車時間が50分後の特急列車に水戸駅到着時点では約8分差に追い付かれるから、もう少し時間を潰して次の特急列車でもよかったかもしれない。

常磐線 E531系グリーン車 1階席

幸い夕方ラッシュ前で空席を確保

ともあれ、柏から普通列車に約1時間40分揺られて水戸駅に到着。この日宿泊するダイワロイネットホテルは駅南口のデッキに直結しており、特に迷うことなく到着。余談だが、駅からホテルに向かう途中には水戸らしく?納豆の像が立っている。

茨城県 水戸駅南口の納豆像

(@水戸駅南口)北関東は食べ物の像が多い

フロントでチェックインを済ませて客室へ移動。個人的にはダイワロイネットというと総じて新しい印象があるのだが、こちらの店舗の第一印象はちょっと古め。

ダイワロイネットホテル 水戸 シングルルーム 客室全景

客室全景

とはいえ、デスクは広めで作業スペースは十分。翌朝が早かったからそれほど作業をするでもなかったが、滞在する上で特に問題になるようなことはなかった。

ダイワロイネットホテル 水戸 シングルルーム 客室全景

部屋全景

デスク上は各種案内が配置されている。ご時世だろうか、エコだなんだとどのホテルも年々案内が増えていくような気がする。

ダイワロイネットホテル 水戸 シングルルーム デスク

机の片隅には子供の頃使ったようなデスクライト

ベッドにはサイドテーブルなどは設置されていないタイプで、横に置いてある丸テーブルがその役割を果たすのかもしれない。ベッドボードには時計などのスイッチパネルがあり、ここにコンセントが1口設置されている。

ダイワロイネットホテル 水戸 シングルルーム ベッド

過渡期バージョン

水回りはバス・トイレの一体型。ダイワロイネット系列は一体型だったとしても割と浴槽が大きめのイメージがある。アメニティは歯ブラシ、櫛と髭剃りが用意されていて、シャンプー類はボトルが設置されている。

ダイワロイネットホテル 水戸 シングルルーム 洗面台

お湯を張れば十分脚を伸ばせる広さ

この日は食事を柏で済ませていたうえ翌日も早く、早々に就寝。翌日は6時過ぎに起床し、7時過ぎのバスで茨城空港へ向かう。前日は暗くて外の様子が今一つわからなかったが、どうやら窓は北向きについていたようで、眼下にはJR水戸駅構内が広がっていた。

ダイワロイネットホテル 水戸 シングルルーム 眺望

特に電車の走行音は聞こえてこなかった

予定通り7時過ぎに部屋を出発し、フロントでカードを返却してチェックアウト。この時間に出発する宿泊客はそう多くないようで、特に待つこともなかった。

ダイワロイネットホテル 水戸 フロント

特徴的なデザイン

ダイワロイネット系列のホテルは安定しており、大外れはしない安心感がある。この店舗も少し古さは見られたが綺麗にメンテナンスされているなという印象を受けた。

日帰りで来られることもあり宿泊することがそう多くないから、水戸の宿泊事情はまだ情報が集まっていない。どこのホテルがいいかは今後試していきたいところ。

■ ひとことメモ

  • 恐らく水戸駅に最も近いホテルのひとつ
  • ベッド周りの電源はコンセントのみ