日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【日本の絶景】16.御輿起海岸(熊本県)


■Sponsored Link

場所:熊本県宇土市
時期:2020年1月1週

f:id:biketourist08:20210601120803j:plain

訪問は偶然の産物

2019年の年末から2020年の年始にかけて、車で東京から鹿児島まで往復。

時間に余裕があったこともあって、往復のほとんどを一般道で、約2週間かけて走破したのだが、道中、あちこち立ち寄って観光をした。いくつも記事にできるようなスポットがあったうちの、今回は偶然見ることができた景色のお話。

この日は天草でドルフィンウォッチングをしてから鹿児島に向かう旅程で、思いの外天草でのんびりしてしまい、出発したのはもう日が傾きだした後だった。

f:id:biketourist08:20210601122958j:plain

かなり近いところで見られた

天草から鹿児島までは、牛深港からのフェリーか、一旦熊本方面に戻って南下するかの大きく2つのルートがあるが、出遅れが影響し、フェリーの時間には間に合わなかったので、やむを得ず陸づたいに向かうことに。

天草五橋を渡って三角に到着した頃にはとっぷり日も暮れてしまった。
少しだけ三角駅に立ち寄ってから、国道57号線を東進していると、途中に現れるのがこの「御輿起海岸(おこしきかいがん)」。

存在は知っていたものの、汐の満ち引きと自分自身の予定がなかなかうまく噛み合わず、今までまともに訪れたことはなかったが、運転中に海辺を眺めてみると、特徴的な砂紋が出ていて急遽立ち寄ることに。

展望台への入口は少々分かりづらく、道も割と細め。
頂上の展望台は5台強の駐車スペースで、混雑時は若干難易度が高いかもしれない。

f:id:biketourist08:20210601120837j:plain

展望台からの風景

その後の行程が長いことも考えて、展望台は早々に出発。

57号線に復帰して、軽食を調達しようと立ち寄ったセブンイレブンの駐車場で辺りを眺めてみると、ここからの景色がなかなか素晴らしかった(冒頭の画像)。展望台とは山を隔てて逆方向を向いているので、純粋な「御輿起海岸」ではないのかもしれないが、雰囲気としては似たような景色。

f:id:biketourist08:20210601121053j:plain

この時点ではCOVID-19の存在を知るよしもなかった

携帯電話でこの夕焼けはなかなか撮れるものではなく、個人的には大満足。

その後、18時過ぎにこのポイントを出発して、最終的に鹿児島に到着したのは約4時間後の22時過ぎ。一般道では、いくら信号が少なかったとしても、なかなか平均時速が30-40km/h以上にはならない。自転車の倍と考えれば速いような、そうでもないような。

それにしても、たった1年半ほど前のこの頃が懐かしくてならない。