日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【日本のごはん】09.Blue Turtle(沖縄県)


■Sponsored Link

日時 : 2021/12/xx
場所 : 沖縄県宮古島市
予算 : 3,000円-4,000円/人

宮古諸島にある伊良部島のホテル「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」に宿泊したときのお話。

(宿泊したホテルについてはこちら)

biketourist.hatenablog.com

食事はホテルで摂ることもできるが、聞くとどうやらホテル近くにレストランがあるということで、電話で予約をして訪れてみることにした。訪れたのは徒歩で15分弱、車で2-3分のところにある「Blue Turtle」というお店。

(公式サイトはこちら)

blueturtle.jp

■ 地図情報

ホテルからお店まではほとんど一本道。道中に特に落とし穴があるなんてことはないが、それほど電灯は多くなく、足元が少し見通しづらいから、徒歩でアクセスする場合で足元が心配な場合は懐中電灯か携帯電話のライトなんかを活用することをおすすめ。

辿り着いたお店は伊良部島有数の景勝地「渡口の浜」に隣接していて、昼間であれば店舗横から砂浜に出ることもできる。お店の外壁には店名の通りカメのオブジェが飾られている。

沖縄県宮古島市 Blue Turtle 店舗外観

(翌日撮影)店舗外観

(ちなみに、「渡口の浜」についてはこちら)

biketourist.hatenablog.com

料理は沖縄料理というよりは多国籍な感じ。飲み物は特製の「ブルータートル」というカクテルを選択。右の飲み物も同じく特製のカクテルだったが、名前は何だったか…。いずれにしても、島に縁のある名前だったはず。

沖縄県宮古島市 Blue Turtle カクテル類

色鮮やかなカクテル類

前菜はアボカドワカモレ。これはメキシコ料理。今回は注文していないが、ほかにも紅芋のフライドポテトやアグー豚のソーセージといった現地食材を使ったメニューもあった。

沖縄県宮古島市 Blue Turtle ワカモレ

ワカモレ。家では食べないものをチョイス

続けて肉料理としてスペアリブ。2名でちょうどいいくらいの分量だから、3名以上いる場合はもう1-2品頼んでも良いかもしれない。

沖縄県宮古島市 Blue Turtle スペアリブ

あると頼みたくなるスペアリブ

もう少し食べられそうだということでパスタを追加。このときはオマール海老のパスタだったが、季節に応じてメニューは適宜変わっていくらしい。

沖縄県宮古島市 Blue Turtle パスタ

パスタは殻の存在感がすごい

そんなこんなでのんびり1時間ほど食事をして退店。泊まったホテルでコースディナーを戴くと約12,000円/人だが、こちらは贅沢しても6,000円/人もいかないくらい。どのメニューも外れがなく、わざわざ訪れる価値があったと感じた。

昼間はお手軽なランチもあるそうなので、「渡口の浜」や「17END」を訪れるついでに寄ってみてはいかがだろうか。

というお話。