日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【旅行雑記】高輪ゲートウェイ駅を訪れた話


■Sponsored Link

いつの間にか開業3周年。

2020年3月に開業した高輪ゲートウェイ駅。開業前には駅名で一悶着あった同駅、少し経った頃に利用する機会があったのでその記録。

この日は山手線を利用して同駅に到着。改札上と駅舎外観にはこれも物議を醸した明朝体の駅名看板が掲げられている。個人的に明朝体よりもゴシック体のほうが好きということを差し置いても、ゲートウェイという言葉と明朝体の相性はあまり良くないような。

高輪ゲートウェイ駅 駅舎外観

駅舎外観/ 横文字と明朝体の相性がいまひとつ

山手線と京浜東北線の快速を含む全列車が停車する駅舎は吹き抜けを多用した開放的な構造。昼下がりでそれほど人が多くない時間帯に訪れたこともあり、設計時のイメージイラストのような風景が広がっていた。

高輪ゲートウェイ駅 駅舎

高輪ゲートウェイ駅/ ガラスが多く開放的な駅舎

どうやら同駅は各種新技術をテストする場になっているようで、ちらほら他の駅では見かけない新技術が使用されているところが見てとれる。例えばこのInformationがそのひとつで、駅員に代わって何台かのロボットが待機していた。

高輪ゲートウェイ駅 駅舎

高輪ゲートウェイ駅/ あちこちにロボットがいる

駅改札口近くには改札内Newdays、改札外にスターバックスの店舗がある。スターバックスは一見すると改札内からもアクセスできそうな配置だが、見る限り改札を出ずにアクセスできる経路は無さそう。

高輪ゲートウェイ駅 スターバックス

高輪ゲートウェイ駅/ 駅2階は改札外のスターバックス

同駅を最初に訪れたのは2020年の夏だったのだが、当時設置されていたのはICタッチ部が傾斜していて、手前の従来紙の切符を挿入する部分に緑の覆いがされた改札機。形状を見るに、間もなく実用化されそうなQRコードを利用した乗車券のスキャンのテストにでも使うんじゃないかと想像する。

それにしても、どうしてJRの改札機はICカードのタッチ部分と液晶部分が中途半端に離れているんだろうか。改札の通過速度と液晶の表示位置が合っておらず、自身のカードの情報を確認するのが難しいような印象がある。

高輪ゲートウェイ駅 駅舎

高輪ゲートウェイ駅/ 他の駅では見かけない改札機

改札を出ると右手には切符売り場があるが、この上部に掲示されている運賃表は液晶になっている。ピーク運賃だなんだで料金が可変的になったり、英文表記ができるのであれば表示を変更できるこの形式のほうが優れているのは間違いないが、この文字の大きさで見えるだろうか。そもそも近頃では切符を購入する機会そのものが殆どないから、問題ないかもしれないが。

高輪ゲートウェイ駅 駅舎

高輪ゲートウェイ駅/ 運賃表は液晶に変わった

以下はこれまでの写真から少し時間が進んで2022年夏頃の様子。かつての鉄道遺構が発掘される等の予想外があったとはいえ、駅前は開業から2年経ってなお開発中で、当時は駅前に完成した建物は存在しない状況。

個人的にはそんな状態で慌てて駅を開業し、日に数百万人が利用するという山手線*1京浜東北線のすべての列車を今の段階で停車すべきだったのかは若干懐疑的。若干譲歩したとして、有楽町や新橋を通過する京浜東北線の快速をも同駅に停車させる意義はいったいどこにあるんだろうか。

高輪ゲートウェイ駅 駅前

高輪ゲートウェイ駅/ 以前はこの辺りにJRの車庫があった

同駅の位置関係はこんな感じで、都営浅草線京急線泉岳寺駅と近接していて、今後建設されるビルの地下を通じて両駅間は接続される予定だそう。ただ、都営浅草線とは田町(三田)と五反田で、京急線とは品川で連絡している訳で、あえて同駅で乗り換える需要がどれ程あるだろうか。

高輪ゲートウェイ駅 駅前

高輪ゲートウェイ駅/ 将来的には都営浅草線に地下連絡する予定

そんな同駅の3階部分にはスターバックスコーヒーがある。駅構内の閑散ぶりとは打って変わって店内は多くの人で賑わっていた。店内は比較的広く、半個室状のブースも設置されている。

高輪ゲートウェイ駅 スターバックス

高輪ゲートウェイ駅/ 駅のなかで一番賑わっているのはここ

スターバックスで小休止し、店内の窓際から駅構内を望むとこんな景色。2021年の乗降客数は日に約8,000人ほどで、COVID-19の感染拡大下であったとはいえ、東京都(23区)内の駅では京葉線越中島駅京浜東北線上中里駅に次いで3番目に少ないんだとか。ちなみにお隣品川駅は200,000人/日と桁二つ差がある。

高輪ゲートウェイ駅 スターバックス

高輪ゲートウェイ駅/ 駅構内が賑わうようになるまで暫くかかりそう

スターバックスとしては利便性が高いが、駅としては今のところ有用性に乏しいというのが実態と思われ、今後のポテンシャルに期待という感じだろうか。

というお話。

*1:JR東日本企画の集計によると、週間で3,181百万人だとか。