日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【日本のごはん】12.ポーたま沖縄本部町店


■Sponsored Link

日時 : 2022/06/xx
場所 : 沖縄県国頭郡本部町
予算 : 1,000円/人
滞在時間 : 約20分

久々に沖縄本島を訪れた際のお話。

それにしても近頃はレンタカー代が高いし、感染症の影響と半導体不足の影響の両方を受けてそもそも普通にレンタルしようとすると車が中々見つからない。そんな状況で何とか車を見つけて沖縄本島北部、本部町までやって来て、沖縄美ら海水族館から車で5分ほどのところにある「オキナワ ハナサキマルシェ」内にある「ポーたま沖縄本部町店」でお昼ごはんを摂ることに。

■ 地図情報


「ポーたま」というのは「ポークたまごおにぎり」のことで、ごはんに沖縄名物のポークランチョンミートと卵焼き、トッピングの具がセットされ、海苔に挟まれたおにぎりのこと。見ようによってはライスバーガーとも言えるだろうか。

(「ポーたま」公式サイトはこちら)

porktamago.com

お店は那覇空港国内線ターミナルのANA側到着出口そばにもあり常に行列しているから、既に常連だったり、「あれは何の行列だろうか」と思ったことのある方も多いんじゃないかと思う。その空港店はいつもかなり混雑している一方、こちらの店舗は2022年4月に開業したばかりで今のところ大きな待ち時間なく利用することができる穴場といった感じ*1

沖縄県国頭郡本部町 オキナワハナサキマルシェ

駐車場はそれなりの台数が確保されている

店舗は2階部分にあって沖縄の建物らしい店構え。店舗は「Gong cha」などの他の店舗と一緒にひとつの建物内に収まっていてフードコートのようなかたち。とある平日の12時ころ訪れた際には他に学生とおぼしきグループが1組いるのみだった。

沖縄県国頭郡本部町 オキナワハナサキマルシェ

窓や屋上の意匠が沖縄らしい

「ポーたま」では「通常」「Special」「店舗限定」の3種類のメニューがあり、以下の写真でいうところの「本部産あぐー豚の生姜焼き」「鰹なまり節の天ぷら」「パイナップルサルサ」なんかがこの店舗固有のもの。

ポーたま 沖縄本部町店 メニュー

1,2,3が店舗限定、4,5,6が店舗共通のSpecialメニュー

那覇空港店では15分20分待つのが常態化しているが、前述の通り訪問時には店内に他のグループは1組だけ。しかもこちらの店舗の利用客ではなかったようで、特に待ち時間なく商品を手にいれることができた。

ポーたま 沖縄本部町店 店舗外観

各種電子マネー等も使用可能

今回購入したのは店舗限定の「パイナップルサルサ」。何だかんだで定番のほうが美味しいかなというのが正直なところだが、物珍しさで一度試してみても良いかもしれない。ただ、1個2個選ぶのであれば、Specialのなかでは1,4,5,6あたりが安定していると思う。

ポーたま 沖縄本部町店限定 パイナップルサルサ

沖縄本部町店限定の「パイナップルサルサ

なお建物1階部分にはスターバックスがあり、ここにはドライブスルーも設置されている。水族館から那覇へは約2時間ほどかかるから、復路出発の際にここで飲み物を調達して帰るというのも良いかもしれない。

沖縄県国頭郡本部町 オキナワハナサキマルシェ

スターバックスアプリからの注文も可能

と、沖縄本島の話題を一通り記したが、なんとこの「ポーたま」、本日2022年9月17日にJR東京駅前に開業する「東京ミッドタウン八重洲」に新店舗がオープンするのだとか。なかなか沖縄までは行かれない、という場合にはこちらの店舗を訪れてみるのも良いかもしれない。

(東京ミッドタウン八重洲の公式サイトはこちら)

www.yaesu.tokyo-midtown.com

私自身、こちらの「東京ミッドタウン八重洲」は他にも気になっている店舗があるから、折を見て訪れてみたいなと思っているところ。

というお話。

*1:那覇空港国際線ターミナル側に店舗がありこちらも穴場的なお店だったのだが、先般の状況からしばらく営業を取り止めている状況にある。