日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【日本のごはん】10.海鮮問屋 村上水産 鮮魚部


■Sponsored Link

日時 : 2021/12/xx
場所 : 鳥取県鳥取市
予算 : 1,000円-2,000円/人

「西日本どこでもきっぷ」で京都からやって来て、乗換えの待ち時間でお昼ごはん。

(ここまでの移動はこちら)

biketourist.hatenablog.com

待ち時間は約1時間で、今回目指すのは駅から徒歩で5分ほどの場所にある「海鮮問屋 村上水産 鮮魚部」。

(公式サイトはこちら)

murakami-suisan.hp.gogo.jp

■ 地図情報

到着直前に降りだした雨は思いの外強く、傘がないと5分もしないうちにずぶ濡れになってしまうほどの雨。この日はあいにく傘の持ち合わせがなく、小走りに店に向かうと幸い待つことなく入店することができた。

海鮮問屋 村上水産 鮮魚部 店舗外観

横断歩道の信号待ちを含めて徒歩5分ほど

注文は各座席に設置されたタブレット端末経由で送信する運用。上記ホームページに記載されている内容と当時注文した内容が少し異なっているので、定期的に見直されるか、ホームページに記載されている情報は一部なのかもしれない。

海鮮問屋 村上水産 鮮魚部 注文端末

最近増えてきたタッチパネル注文式のお店

海鮮丼を目論んでやって来たが、到着してみると揚げ物が思いの外美味しそうで追加で単品注文してしまった。10分としないうちに注文した品物が続々と到着。

海鮮問屋 村上水産 鮮魚部 海鮮丼

海鮮丼

ちなみに、割り箸は県産の杉の端材から作られたのだとか。

海鮮問屋 村上水産 鮮魚部 割り箸

手間がかかっていそうな割り箸

海鮮丼が美味しいのは言うまでもないが、追加で注文したカキフライと海老フライのうち、カキフライはこれまで食べたなかでもかなり上位にランクインするほど美味しかった。それほど期待して注文した訳ではなかったから、これは嬉しいサプライズ。

海鮮問屋 村上水産 鮮魚部 カキフライ

思いの外当たりだったカキフライ

そんなこんなで食事を終えると列車の出発まで15分ほどしかない。急いで会計を終えて駅に戻った。ここからは再び長旅が始まる。