日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【旅行雑記】日生で「カキフライソフト」を食べた話


■Sponsored Link

割と有名な変わり種ソフトクリームの話。

日本各地には多くの変わり種ソフトクリームがあるが、その中でも特に個性が強いのが、岡山県日生(ひなせ)町の「五味の市」で販売されている「カキフライソフト」。今回、ちょうど岡山に用事で出向いた際に寄り道することに。

この日の朝は京都からスタート。前日は「HIYORIチャプター京都」に宿泊していた。

(滞在記はこちら)

biketourist.hatenablog.com

どうやって現地まで向かおうかと思ったが、朝食を食べ終わった時間が予定よりも早く、急いでチェックアウトして急ぎ京都駅へ。08:51発の「スーパーはくと3号」の自由席で姫路へ向かう。

この「スーパーはくと」、鳥取方の先頭車が自由席なのだが、展望構造の車両になっていて、前方列は眺望を楽しむことができる。さすがに出発15分前にホームに着くようでは最前列とはいかなかったが、前から2列目を確保することができた。少し前方が見辛いものの、全く見えないというわけでもない、という感じ。

f:id:biketourist08:20220303164739j:plain

ちょっと背伸びすれば見える

出発から1時間30分ほどで姫路駅に到着。実際問題、この区間に関しては新快速でも所要時間は5分と変わらないから、快適料といったところだろうか。新快速には「Aシート」なる有料座席があるが、如何せん便数が少なすぎて利用しづらいのが難点。

f:id:biketourist08:20220303164841j:plain

何だかんだでもうすぐ30年選手

姫路駅からはレンタカーで現地へ。当時はニッポンレンタカーで「特割ワンウェイ」という商品があり、姫路駅で借りて岡山空港で8時間後に返却する場合のレンタル料はなんと1,100円。条件がはまれば格安で移動でき、だいぶ重宝していたのだが、昨年の夏に突如終了してしまった。残念。

ともあれ姫路駅から車に乗って現地へ直行。およそ50km弱の移動で、70分ほどで目的地の「五味の市」に到着した。駅前ではないが、JR赤穂線日生駅からも歩けないことは無さそうな場所。

f:id:biketourist08:20220303164955j:plain

駐車場は割と広め

お目当ての「カキフライソフト」は駐車場から建物向かって左手奥の方で販売しており、店頭には見たこともないようなディスプレイが鎮座している。カキフライソフトは300円で、ごく一般的なソフトクリームと同じくらいのお値段。

f:id:biketourist08:20220303165030j:plain

揚げ物各種販売中

特に並ぶこともなく、注文するとすぐにソフトクリームがやって来た。建物2階の飲食スペースに移動して早速実食。

f:id:biketourist08:20220303165059j:plain

見た目のインパクトは最強

カキフライは揚げたてなのかと思っていたが、常温のものが2つ刺さっている。上に掛かっているのは醤油。事前に見た記事では「意外とイケる」というコメントだったが、確かに見た目ほどの違和感はない。むちゃくちゃ美味しいか?というと難しいが、普通に食べられるな、という感じ。

さすがにソフトクリームだけでは腹が満たされず、その後場内をうろうろ。しかし目ぼしいものが見つからず、建物を出て道路を挟んだ向かい側にある「ポプラ」へ。ここにはコンビニエンスストアであるにも関わらず、バーベキューの設備があるらしい。

f:id:biketourist08:20220303165127j:plain

お店のなかにバーベキュー場の入り口

また、店舗正面には「焼きアナゴ」を売っている店舗があり、北海道の「勝手丼」よろしく、ポプラで購入した白米を持っていくと丼にしてくれるサービスがある。さすがに一人でバーベキューというわけにはいかず、こちらのアナゴを試してみることに。

f:id:biketourist08:20220303165159j:plain

西日本ではあまり見かけない勝手丼スタイル。穴子しかないが

5分もしないうちに焼き上がり、車の中でいただくことに。

f:id:biketourist08:20220303165220j:plain

普段食べるアナゴとはちょっと違った感じ

普段寿司で食べるような柔らかいものをイメージしていたが、焼き上がったアナゴはだいぶ固め。所々頭が入っていたりするのはなかなかのインパクトだった。とりあえず一度食べてみるものとしては面白かったかな、という感想。

食後は再び車に乗り、座席のアップグレードのために一度岡山空港へ。どうやらこの日生というところは姫路と岡山の中間あたりのようで、再び50kmほどの走行距離、1時間30分ほどで岡山空港に到着した。本来は生牡蠣や「カキオコ」なんかを戴くのがよかったような気もするが、これはまた別の機会にということで。そもそも、真夏だったから営業していなかったかもしれない。

ともあれ、たまにはこんな変わったものを食べるのも悪くないよね、というお話。