日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【乗車記】みずほ614号(熊本/博多)


■Sponsored Link

便名:みずほ614号
日付:2021/10/xx
区間:熊本(20:35)→博多(21:07)
乗車クラス:普通車指定席

高速バスで熊本までやって来た。

(ここまでの移動はこちら)

biketourist.hatenablog.com

この日の宿は天神に取っていて、用事を終えて戻る。こと天神に向かう場合に関して言えば高速バスの方が速い気もするが、往路と違う手段でということで新幹線を選択。

豊肥本線に乗って熊本駅に到着したのは出発8分前の20:27。この時点ではまだ新幹線のチケットを発券しておらず、乗継改札横の券売機で発券しようとしたところ、どういう訳かエラーになってしまった。一旦改札外に出て、外の券売機で同様に試すと無事きっぷを発券することができたのだが、少し焦った。

乗車するのは新大阪行きの「みずほ614号」。この日新大阪までの最終便で、新大阪到着は23:37。熊本に20:30過ぎまで滞在していて陸路で当日中に辿り着けるというのだから新幹線の速さは圧倒的。

ちなみに逆方向では、2021年10月時点で博多から約300km先の鹿児島に向かう最終便の博多駅出発は22:24で、従来の在来線や高速バスの所要時間(約5時間)でイメージすると感覚がおかしくなる。尤も、全線開通したのはもう10年近く前の話な訳で、いい加減認識を改めないといけないのだが、染み付いた感覚はそうそう変わらない。

f:id:biketourist08:20220207123650j:plain

この時間でもまだ新大阪まで帰れる

少し慌て気味に改札を入ると左手にあるのが「くまモン」のオブジェ。これは昨年2021年夏にNintendo Switchで発売された「クレヨンしんちゃん」のゲームにも登場している*1

f:id:biketourist08:20220207123632j:plain

のんびり写真を撮っている時間はないかもしれない

(その作品はこちら)

game.neoscorp.jp

コンコースで写真を撮っていると列車接近のアナウンスが流れ、エスカレーターでホームに上がったとほぼ同時に列車が滑り込んできた。

f:id:biketourist08:20220207123713j:plain

左手は次発のつばめ334号

熊本から博多までの乗車時間はものの30分ほどで、この所要時間で指定席を確保する理由も特にないのだが、利用した「ネットきっぷ」では自由席と指定席の料金に差がないことから今回は指定席を利用した。前述の通り関西へ向かう最終の新幹線であるものの、この日はあまり乗客が多くなかったようで自席付近は多くの席が空席で出発。

f:id:biketourist08:20220207123736j:plain

快適性はグリーン車と大差ない

熊本駅から博多駅までは約120kmとそれほど遠くない割に、その間には新玉名新大牟田筑後船小屋、久留米、新鳥栖と5つの駅がある。新幹線にしては比較的駅数が多いから、かなり頻繁に駅を通過しているような印象を受ける。実際、最も距離の近い久留米から新鳥栖の間は約7kmしかないから、最高速度(260km/h)で走っているとすると、両駅間を約140秒で走破することになる*2

新鳥栖を通過すると山間部をトンネルで通過し、博多南駅脇を通過。博多駅には定刻通り21:07に到着。この日の宿は博多駅からそう遠くないところで、徒歩で宿へ向かった。

*1:阿蘇が舞台になっている模様。

*2:260km/hの場合、だいたい秒速70m