日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【自転車】2016年夏・日本縦断(Day7)


■Sponsored Link

日時:2016/08/xx

■Day7

区間:秋田県秋田市秋田県能代市
距離:62.79km
実走行時間:3時間17分
平均速度:19.1km/h
経路:国7

寝ている間に台風が追い付いた。

(前日の記録がこちら)

biketourist.hatenablog.com


朝起きると台風はちょうど秋田市を通過しているところで、なかなかの強雨。ただ、しばらくニュースを眺めていると、ちょうど最終チェックアウト時刻の頃には台風は過ぎ去り、若干風は強いものの走れないことはなさそうな天気。幸いにして大きな水害等もなさそうで、様子を見て出発することに。

こうして自転車で旅行していると、ずっと外にいて風や気温の変化を身をもって体感しているから、少し気温が下がっただとか、風の感じが変わっただとか、そんな微細な変化で天気の気配を察知できるようになってくる。勿論本職の専門家である気象予報士に敵うわけもなく、目先の天候にどう対処するかの参考くらいにしかならないが。

ともあれ、12時ちょうどに出発。ルートは引き続き国道7号線。出発直後は小雨がぱらついていたが、しばらくすると雨も止んで走りやすくなった。しかし、前方を見るとおっかない雨雲が引き続き広がっている。

f:id:biketourist08:20210829014741j:plain

前方は真っ暗。不穏。

一方で後方を見ると台風一過らしい青空。周りに遮るものがないこともあるが、風がなかなか強いのも台風一過らしいところ。

f:id:biketourist08:20210829014819j:plain

自分がいるのがちょうど境目。

秋田と能代のちょうど中間地点くらいの八郎潟辺りに標高30mほどのちょっとした上り坂はあるものの、この日もルートの殆どは平坦。今回走ってみて、東日本の日本海側は国内でも平坦なところがかなり多い印象を受けた。東北と言えば山がちな印象を持っていたが、意外にも?ちょっと走る分にはこの辺りがいいのかもしれない。

この日は台風のせいか気温が低く、出発直後は19℃で一番高かったタイミングでも25℃ほど。走っている分には風を受けると少し肌寒いくらいで、中盤から後半にかけて身体が温まってきたと思ったあたりで能代市に到着。この日の距離を走りきってしまった。

走れるかどうかすら怪しい状況だったことを考えれば、短い距離ではあるものの、無事目的地に到着できただけで運が良かったと思うべきか。

(参考)
今シリーズの累計走行距離:881.57km