日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【搭乗記】NH3863(名古屋中部/福岡)


■Sponsored Link

便名 : ANA3863
日付 : 2020/10/xx
機材 : A320-200
区間 : 名古屋中部(NGO)12:10→福岡(FUK)13:35
区間マイル : 374
搭乗クラス : 普通席
運航会社 : SFJ

 (特典フライト1便目はこちら) 

biketourist.hatenablog.com


セントレアで1泊し、翌日のフライトで福岡に寄り道して新潟へ。今回、意図的にANA運航便を避けてコードシェア便狙いで手配しており、この区間スターフライヤー便。値段に差がなければ、普通席は圧倒的にスターフライヤーの方が快適。

12時過ぎの出発ということで、11時00分頃までホテルに滞在。ホテルロビーから手荷物検査場までは10分ほどで到着し、しばらくラウンジで時間を潰した後に搭乗。この日は降りて急ぐ用事があるでもなく、機体最後方を予約したので先陣を切って乗り込んだ。現在、ANA系列は優先搭乗を実施していない。

NH3863便 SFJ A320-200 中部国際 福岡 機内

こうしてみても座席間隔の余裕を感じる

スターフライヤーの特徴といえば圧倒的な座席間隔。改めて調べてみると、座席間隔は約34インチ(約86cm)だそうで、一般的な国内線の普通席の約31インチ(約79cm)と比べるとかなり広い。直近の新造機では更に拡大し、35インチ(約89cm)になったのだとか。

NH3863便 SFJ A320-200 中部国際 福岡 機内

パッと見で広い

この日搭乗したのは割と古参の機材のようで、前回よりも古そうな液晶画面。そういえば、今後スターフライヤーが導入する新機材は座席への液晶の搭載を止め、機内Wi-Fiを導入するのだそう。ここ最近の大手航空会社の新機材はスターフライヤーを参考に座席に画面を搭載していたような気もするが、今後この流れはどうなるんだろうか。

(ちなみに、前回搭乗時の記事はこちら) 

biketourist.hatenablog.com

NH3863便 SFJ A320-200 機内

タッチパネルではない液晶

出発すると、進行方向左手に見えるのが国際線エリアと第2ターミナル。国際線エリアに停まっている飛行機は1機もない状況。

NH3863便 SFJ A320-200 中部国際 福岡 中部国際空港第2ターミナル

まるで開港前の風景

LCCの利用する第2ターミナルには、当時まだ運航休止中だったエアアジアの機材が停まっているのが見えた。一度くらい利用してみたいと思ったが、中部拠点ではなかなか利用しづらく、結局搭乗機会もないまま消滅してしまった。

その後もしばらく走った後離陸。セントレアの滑走路は全長3,500mの長さがあるが、福岡まででは滑走路全部を使う必要はないようで、途中の誘導路から滑走路に入って離陸滑走を開始した。

NH3863便 SFJ A320-200 中部国際 福岡 滑走路

ここから滑走路端までは300mくらいだろうか

離陸してしばらくは地上が見えたり、見えなかったりという天気の具合。中四国上空では割と天気がよく、割と高空からでも瀬戸大橋なんかがよく見えた。

NH3863便 SFJ A320-200 岡山県上空 瀬戸大橋

右手前が岡山県、奥が香川県(坂出)あたり

ただその後はいつものように雲に阻まれてしまい、暫くぼーっとする時間が続いた。

NH3863便 SFJ A320-200 高層雲

高層雲というやつだろうか

暫くして降下を開始すると再び地上が見えるように。着陸は日本海側から志賀島の西側を抜け、一旦福岡空港を飛び越して南側から着陸するルート。

NH3863便 SFJ A320-200 海の中道上空

志賀島。右奥が海の中道

現状滑走路が1本しかない福岡空港は、便数が減った今でもかなりの過密状態。空港西側から南方向に回り込んでいるときには、飛行機が頻繁に離着陸している様子が見てとれる。

NH3863便 SFJ A320-200 福岡空港西側

着陸帯の少し手前に1機。ここから着陸までは2分もない

着陸寸前にはJRの南福岡の車庫が見える。こうしてみると、ハウステンボス号のオレンジの車両なんかはかなり目立つから、この距離でも十分視認できる。

NH3863便 SFJ A320-200 JR南福岡駅上空

JR南福岡駅上空

客席から滑走路が見えなくなるといよいよ着陸。滑走路脇では前述の新滑走路工事が盛んに行われている。

NH3863便 SFJ A320-200 福岡空港新滑走路

滑走路が隣接する空港の中でも距離が近いような

そんなこんなで福岡空港に到着。数時間の乗継ぎ待ちを経て新潟へ向かう。