日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【自転車】2020年秋・関東小旅行(Day1)


■Sponsored Link

日時:2020/10/xx
区間:東京都某所→神奈川県小田原市
距離:95.96km
実走行時間:6時間03分

しばらく在宅勤務が続き身体が鈍ってしまったので、少し運動することに。ちょうど神奈川方面に用事があったので、自転車で行くことにした。

ほぼ日本全国走ってみたが、関東平野というのは割と自転車に向いていて、片道100km程度の範囲内であればほぼ平坦なところを走れる。今回の東京から小田原についても、道中数ヵ所の大きな上り坂はあるものの基本的には平坦なコース。ただし、そこを越えると各地で異様に勾配の厳しい峠が控えている。

初日は東京都内、日本橋から数kmのところから朝8時過ぎにスタート。出発してしばらくして日比谷通りに入ると、視界には東京タワー。この頃はまだ紅葉には早いものの、朝晩の空気はだいぶ涼やかになっており、自転車で走るには一年の内で最も快適な季節。余談だが、春は風が強く、夏は酷暑、冬は寒い上に凍結が怖いのだ。

f:id:biketourist08:20201227122342j:plain

東京タワーが青空に映える

しばらく走って、三田の手前辺りから国道15号線に合流。そういえば、今回小田原までのコースはその殆どが箱根駅伝のルート。東京から横浜までの1号線は比較的アップダウンが多い上に道幅が狭く、あまり自転車向きではないので、個人的には15号線がおすすめ。

芝公園から15kmちょっと、1時間ほどして東京/神奈川の県境を通過。東京都内は信号も多く、ミニベロとはいえ15km/hは割と上出来。

f:id:biketourist08:20201227122414j:plain

歩道はすこしわかりづらい構造

そこから約40分ほどで横浜駅前を抜けてみなとみらい。道は引き続き平坦だが、自動車専用道路が多くなかなか行きたい方向に進みづらい。言葉では何とも説明がしにくいのだが無理に自動車に紛れることはせず、道なりに一度みなとみらい方向へ抜けて、日産本社の横から1号線に合流した。

f:id:biketourist08:20201227122457j:plain

みなとみらい。東京都心からは2時間弱

道なりに数km進むと保土ヶ谷駅で、その先を右折してしばらくすると権太坂

権太坂エリアは、平坦路続きの小田原までの往路のなかでは割と体力を消費するポイントのひとつ。ただ傾斜が厳しいわけではないので、少し速度が下がりながらもあっさり通過。その後、権太坂を越えた辺りでこの日初めての休憩を取った。

再度出発するとまもなく戸塚に到着。戸塚付近は1号線は一部自動車専用の箇所があり、自転車は旧道?の駅前経由を余儀なくされる。迂回路も迂回路で、戸塚駅前の「開かずの踏切」対策で建設されたトンネルには歩道がなく、すんなりといかない。線路を乗り越えるには駅横の歩道橋を使って横断する必要があり、初めてここを通ったときには若干道に迷った記憶がある。

戸塚駅を越えて1-2km走り、再度1号線に合流する直前で往路一番の急坂を息も絶え絶えに通過。ここは局所的ではあるが、ちょっとした峠道と同じくらいの傾斜がある。

1号線に合流したからといって小田原までずっと1号線で走るかといえばそうでもなく、数km走ると藤沢駅の手前くらいで再度離脱し、県道30号線へ。ここから線路を越えるまではしばらく下り坂で、その途中にあるのが「遊行寺」。箱根駅伝でもその名前を時々聞くが、なかなかの傾斜で距離も長い。逆方向だとしんどい坂道だが、下りであれば単なるボーナススポット。

藤沢を過ぎ茅ヶ崎の手前で海沿いに到達し、国道134号線へ。のんびり走って来たこともあって、ここで東京都心から約4時間ほど。交差点の歩道橋からはこの時期、既に富士山が見えている。134号は防風林があって海が見えるわけではないものの風もなく走りやすい平坦路で、これが小田原手前約15kmの大磯まで続いている。

f:id:biketourist08:20201227122521j:plain

東京から約4時間。ここから海沿い

スピードが乗りやすいこともあって134号はあっという間。大磯で1号線と3回目の合流を果たし、ここから小田原までは一本道。大磯を出て1kmくらいの距離が松並木。五街道すべてを走ったわけではないものの、東海道は特に昔の雰囲気を残したところが多いような気がする。

f:id:biketourist08:20201227122549j:plain

松並木

この辺では久しぶりの中距離ということもあって、若干疲れが出てきたが。残り距離はあと十数kmで、大体コースが見えているというのはだいぶ心強い状況。平坦路ではないものの、アップダウンが激しいというほどでもない道をだらだら進み、出発から6時間をちょっと超えたくらいで無事に小田原に到着。

久しぶりに到着した小田原駅前には大きな駅ビル?が建設中。

f:id:biketourist08:20201227122606j:plain

他の建物と比べて随分大きく見える

当時から名前が決まっていたかわからないが、「ミナカ小田原」というらしい。現時点では開業しているようなので、また機会があれば行ってみたいところ。

(以下、公式サイト)
www.minaka-odawara.jp

普段であれば早朝に出て箱根を越え三島まで行くだとか、小田原から同日中に復路も走って日帰りだとかというプランを立てるのだが、この日は小田原に宿泊。

(参考)
累計走行距離:9,713km