日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【搭乗記】JL3512(札幌千歳/福岡)


■Sponsored Link

便名:JAL3512
日付:2020/07/xx
機材:B737-800
区間:札幌千歳(CTS)13:55→福岡(FUK)16:35
区間マイル:882
搭乗クラス:クラスJ

函館から福岡へ向かった際の2便目。

(千歳までの移動はこちら)

biketourist.hatenablog.com

事前に手続でもしておけば、制限区域内で乗継出来たのかもしれないが、特に何もせずに千歳に到着したので、一旦制限区域の外に出てから再度検査場を通過。MCT(最低乗継時間)は満たしているものの、他社間の乗継はどうもひやひやする。

便数が絞られていて便の間に余裕があるからか、この日も時間通りに搭乗開始。ANAは当初から優先搭乗を中止した搭乗ルールを一途に守り続けているのに対し、JALは従来通りの搭乗方法を守り続けている。

これは記事の投稿時点(2020年11月初頭)でも変わっておらず、色々な条件を合わせがちな両社において、珍しく方針の違いが大きいところ。

f:id:biketourist08:20201108220347j:plain

気温が伝わってきそうな写真

そういえば、隣席ブロックが解除されたのは6月頃だったと思うが、普通席は1列に1人-2人程度の埋まり具合なのに対し、クラスJはどの便も満席、という状況が多く見られたのがこの頃。ガラガラの普通席と満席のクラスJ、どちらがいいのかは悩ましいところ。

ともあれ、自席廻りがしっかり埋まった状態で出発。

この日の滑走路は19R。ターミナルから滑走路はすぐで、安全装備の説明が終わるか、滑走路に辿り着くが早いか、という感じ。ビデオが終わり、画面が格納されるとすぐに離陸滑走。

f:id:biketourist08:20201108220433j:plain

安全ビデオが終わるとすぐに離陸

この日は割と雲が多く、残念ながら地上は見えず。ただ、ものすごい勢いで上昇したか、序盤からえらく空が濃い青色に見えたのが印象的。

f:id:biketourist08:20201108220507j:plain

空が青い

区間マイルが882ということで、羽田から那覇までの距離の90%程度。それゆえ、所要時間的には東京から那覇に行くのと殆ど同じ。

地上が見えないとすることも特になく、暫くぼーっとしているうちに寝てしまったようで、気づくと飲み物のサービスが始まっていた。この頃は紙パックの緑茶一択。そういえばいつの間にか、今は通常通り紙コップでの提供に戻っている。

その後再びうとうとしていると降下を開始し、地表が見えてきた。この日は玄海灘から一直線に着陸する着陸経路。

福岡の着陸は10回中7回ほどが北側から(=今回と同じ)、3回が南側から、くらいのイメージ。空港廻りの風景だけを切り取ると、南側からの着陸の方が面白いかもしれない。

(南側から着陸した時の風景はこちら)

biketourist.hatenablog.com

倉庫の多い地域を徐々に高度を下げながら飛んでいく。

f:id:biketourist08:20201108220541j:plain

着陸3分前くらい

JRの線路を飛び越えると、もう空港は目前。右下から左上に走っているのが鹿児島本線で、中央下から合流するのが篠栗線のはず。

f:id:biketourist08:20201108220639j:plain

左奥が博多駅

そうして時間通りに福岡空港に到着。地下鉄に乗換え、早速市街地へ向かった。