日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【乗車記】リョービエクスプレス(大阪国際空港(伊丹)/岡山駅西口)


■Sponsored Link

便名 : 便名なし
日付 : 2020/07/xx
区間 : 大阪国際空港(伊丹)(15:00)→岡山駅西口(18:00)

今となってはずいぶん昔のお話。

大阪から岡山への移動手段は色々あるが、この日は時間に余裕がありバスで移動することに。直前の用事を大阪市内で終えて向かったのは伊丹空港

大阪から岡山へのバスは大きく分けてJR系統と両備系統の2種類が存在する。岡山側の停車場所は基本的に同一だが、大阪側の停車場所は両者で割と相違している。

現在、変則ダイヤの影響で法則性が崩れているが、ざっくり分けると、

  • JR系統:JR大阪駅高速バスターミナル発着
  • 両備系統:伊丹空港経由でなんば地区発着

こんな感じで分かれている。今回はそのうちの両備系統のバスに伊丹空港から乗車した、という具合。

一昔前は空港の片隅(モノレール駅直下)にある駐車場がバス乗り場だったが、ここ最近の空港リニューアルの一環で元々リムジンバス乗り場だったあたりに長距離高速バス乗り場が整備され、あわせて専用?の待合室も新設されている。

伊丹空港 高速バス乗り場

場所は旧JAL到着ロビーの辺り

伊丹空港 高速バス乗り場 待合室

待合室

バスは時間通りに到着。空港からは自分を含めて数人が乗車。

2020年7月当時は座席数を制限しており、窓側のみ乗客が座れるような運用になっていた。通路側座席には着席不可の掲示があり、また各座席の背もたれには仕切りが増設されていた。

リョービエクスプレス 大阪 岡山 座席掲示

各通路側座席の掲示

リョービエクスプレス 大阪 岡山 座席

座席の仕切り(休憩箇所で撮影)

バスは空港至近の中国池田インターから高速に乗り、中国道、神戸JCTから山陽道のルート。途中龍野西SAで15分程度の休憩がある。

リョービエクスプレス 大阪 龍野西サービスエリア エアロエース

休憩箇所にて

お手洗いに行きがてら売店を眺めてみたものの、特に目ぼしいものはなく撤収。発車後は睡魔に襲われて目覚めたときには山陽インターで高速を降りるところだった。

山陽インターのバス乗り場を経由した後、再度高速に乗り岡山インターで流出。インター近くのバス乗り場に立ち寄り、その後は一般道で岡山駅へ。途中、岡山大学筋のバス停を経由するが、この辺りは年中流れが悪い印象がある。

ともあれ、この日はさほど酷い渋滞ではなく、ほぼ定刻で岡山駅西口に到着。その後カーシェアを利用して目的地へ向かった。

リョービエクスプレス 岡山駅西口

中国地方のバスターミナルは駅直結が多い

所要時間3時間とそれなりにかかるものの、3000円そこそこで乗換なしというのはありがたい。ただ、そもそも新型コロナウィルスの影響で乗客が減っているところ、新幹線が休日のみ高速バスとほぼ同額の乗車券を販売しており、直近は大分苦戦している様子。

旧来と比較して大きく本数が減っており、今後どうなるのかが若干心配ではある。