日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【滞在記】16.名古屋マリオットアソシアホテル


■Sponsored Link

日付:2020/02/xx
泊数:1泊

2月の末くらいまでは断続的に出張が続いていて、その頃の記録。名古屋の定宿探しも大分進んで、残る候補はあと数軒。週末を挟むから東京に戻るのを諦め、この際なので、滅多に泊まれない名古屋駅のマリオットに泊まってみることに。

f:id:biketourist08:20200229214818j:plain

1階入り口

フロントは15階。到着したのが22時近くだったこともあって、比較的閑散としていた。

f:id:biketourist08:20200229215629j:plain

44F

エレベーターホールから客室に入るにも自動ドアのセキュリティがあり、普段泊まる他のホテルだとあまり見ない造り。

f:id:biketourist08:20200229215715j:plain

居室入り口

部屋に入ると、ビジネスホテルと比べると圧倒的に深い奥行き。比べること自体が双方に対して失礼かもしれない。

f:id:biketourist08:20200229215724j:plain

十分な荷物置き場

入り口の荷物置き場はスーツケース2つ置いても余裕がありそうなスペース。ものぐさな私はここまで荷物を取りに行くのが億劫で、ベッドの近くに荷物を広げてしまった。

部屋は白基調で落ち着いた雰囲気で、部屋の大半をベッドが占有している。安い部屋ばかり泊まっているからではあるけれども、海外で宿泊したホテルでも、ここまでのサイズのベッドは見たことがない。

f:id:biketourist08:20200229215830j:plain

部屋全景

高層階だけあって、窓の外を見るとなかなかの眺望。隣のビルが近いのは少々気になるが。この日は割と雲が低く、気づけば時おり雲よりも高いところにいた。

f:id:biketourist08:20200229220043j:plain

隣のビルが近い

内装に目を向けてみると、デスクは思いの外コンパクトな造り。色々広げて仕事をすることはあまり想定されていないのかもしれない。

f:id:biketourist08:20200229215820j:plain

デスク周り

飲み物周りはマリオットロゴのミネラルウォーター2本とネスプレッソ。

f:id:biketourist08:20200229215759j:plain

飲み物

水回りもそれなりにゆったりした造り。写真右手側にはシャワーブースとトイレ。

f:id:biketourist08:20200229220851j:plain

水回り

到着したのが遅かったのもあるとは思うが、いつも通り、せっかく朝食がついているにも関わらずこの日も盛大に朝寝坊。起きてみれば11時を廻った頃で、しばらく外を眺めた後のんびり支度をして出発。

f:id:biketourist08:20200301125148j:plain

眺望は北方向(岐阜方面)

せっかくなのでちょっとだけラウンジに寄ってみた。光が射して開放的な雰囲気。

f:id:biketourist08:20200301131828j:plain

ラウンジ

滞在を振り返ると、全般的に雰囲気は良いものの、如何せん気軽に泊まるには宿泊費が高い。同じマリオット系列なら、少し足を伸ばしてセントレアのフォーポイントの方が好み。ただ、これは好みの問題かなと思う。

(フォーポイントの滞在記はこちら)

biketourist.hatenablog.com

宿泊料金が同じくらいなら積極的に選ぶのもありかなと言う感じ。すべては値段次第か。