日本の迷い方

旅行を、ちょっとだけ快適に。

【搭乗記】AY006(ニューヨーク/ヘルシンキ)

便名:FIN006
日付:2016/06/xx
機材:A330-200
区間:ニューヨーク(JFK)17:45→ヘルシンキ(HEL)08:50
区間マイル:約4,100
運航会社:AY(フィンエアー)

「日本の迷い方」と、国内専業かのようなタイトルを名乗っているが、
社会人になって数年経ち、いつからか、ときおり海外旅行もするようになった。

2016年、2017年、2018年と3年連続で、特典航空券利用で世界一周旅行をした。
これはその中の1フライトのお話。
その初回の2016年は東京から香港、香港から北米に入り転々とした後、
フィンランドを経由して東京へ戻ってきた(単に大西洋を横断してみたかった)。

利用したのはこの特典航空券。

www.jal.co.jp
この特典航空券、チャートをよく見ると、所々割のいいところがあって、
例えば距離12,000マイルまでの特典航空券が110,000マイル必要なのに対して、
距離20,000マイルまでの特典航空券は120,000マイルで済む。

このような状況であれば、20,000マイルを最大限活用してやろう、
という訳で、この旅行の旅程が組み上がった。

ちなみにルートが入り組んでいたから、手配は電話。
1便ずつ空席を確認してもらっては次の便、というのをひたすら繰り返していくから、
手配が終わるまでにトータル1時間くらい要した記憶がある。

このとき、全く下調べせずに電話すると、思っている以上に空席が見つからないから、
提携各社の特典空席照会で空席を調べてから電話するのがおすすめ。

いざ手配してみると、運よくルートがうまく繋がって、
ほぼ全ての区間ビジネスクラスで移動できたものの、この区間だけ空きがなかった。
裏取りはしていないのであくまで推測でしかないが、
もしかすると、フィンエアーは特典向けビジネスクラスの設定がないのかもしれない。

搭乗当日は午前中にトロントからニューヨーク(JFK)まで移動して、
飛行機を乗り継ぎ、フィンランドへ向かうルート。

フィンエアーJFK空港利用ターミナルは8。
さすがJFK大空港だけあってターミナルが物凄く多い。

1から8まで連番になっているかと思いきや、途中3と6が解体済で飛んでいるほか、
以前はターミナル9もあったらしい。
なお、ターミナル間の移動が必要な場合、エアトレインJFKという無人電車で移動できる。

ターミナル8は他にアメリカン航空が入っていて、
ラウンジを利用する場合、同社のアドミラルズクラブを利用することになる。
特に写真はないが、国内線も同じラウンジを利用するアメリカ本土の空港なので、
食事類は簡単な軽食、といった程度。

f:id:biketourist08:20200220183038j:plain

A330-200

フィンエアーに搭乗するのはこの時が初めて。

乗り込んでみると、機内は北欧らしい涼しげな内装。
手前数列はエコノミーコンフォートなる少しシートピッチの広い座席。

この時はビジネスクラス特典航空券だったからか、このエリアが自動的に指定されていた。
ただ、ベースはあくまでもエコノミークラスの座席だから、
むちゃくちゃ快適、という感じでもなく、正直あまりその違いは実感できず。

f:id:biketourist08:20200220183059j:plain

エコノミークラス

A330は座席配置が2-3-2。
一人旅でも、通路側席で寝ていて、窓側からの移動で起こされる、
といったことがあまり起きないのが良い。

f:id:biketourist08:20200220183116j:plain

離陸直後の食事

離陸後しばらくすると1食目。
見た目通りといえば見た目通りの味で、正直あまり美味しくなかった記憶がある。
食事が終わるか終わらないかのタイミングで照明が暗くなり、仮眠タイムに。

ニューヨークからヘルシンキまでの所要時間は約8時間で、
東京からシンガポールまでのフライトとほぼ同じくらいの所要時間。

しばらくうとうとしているとまた照明が灯って、軽食の配布。
これも見た目通りで、しかもビックリするくらい冷たかった記憶がある。

f:id:biketourist08:20200220183133j:plain

到着前

8時間のフライトを経てヘルシンキに到着するのは朝9時頃。

当時は割と元気だったから、ホテルに泊まる代わりに夜行便で移動して、
着いたところで朝から観光、ということをよくやっていた。
今となっては、なかなかそんな旅程を組む気にならないが。

あれから数年、だいぶ旅程の組み方が変わった。
勿論、あれはあれで楽しかったのだけど。

若干の眠気に襲われつつ、
1日ちょっとの滞在を最大限使うべく、ヘルシンキ市内観光へ向かった。