日本の迷い方

旅行を、ちょっとだけ快適に。

【滞在記】ダイワロイネットホテル京都駅前

日付:2020/02/xx
泊数:1泊

名古屋から移動して京都に宿泊。

実は当日まで宿を決めかね、実際に予約したのは夕方6時を廻った頃。
近頃の情勢から、京都近辺のホテルはあらかた値崩れを起こしている。

元々、需給過多になっているのか、
ここ最近、以前に比べて関西圏のホテルが取りやすくなったな、とは思っていたが、
今回は当日夕方でも京都市内で500軒以上のホテルに空室がある状況。
ちらほら、というのはともかく、さすがにここまでの状況は久しく見ていない。

自分自身も、用事があったからついでに来たわけであって、
特に何も用事がなければ二の足を踏んでしまうかもしれない。

ともあれ、22:30くらいにJR京都駅に到着。
東京方にある地下改札からヨドバシカメラを目指し、更に東本願寺方面へ抜けると入り口。
JRよりも地下鉄の駅の方が近く、烏丸側の先頭車の先にある改札を出れば徒歩2分ほど。

f:id:biketourist08:20200210115722j:plain

地下入口

比較的遅い時間に到着したこともあってか、フロント前のラウンジは閑散としていた。

それにしても、ホテルの会員カードというのはもう少し何とかならないだろうか。
たまにしか使わないホテルのカードを財布に入れておくのも邪魔だし、
かといって家で保管しておくと、いざ利用しようとしたときに持ってくるのを忘れる。

近頃では一部のホテルチェーンで会員カードのアプリ化ができているのだから、
早いところ、他のところもこの流れに乗ってほしいと思う。

余談が過ぎた。

f:id:biketourist08:20200210115741j:plain

エレベーターホール

カード認証式のエレベーターで居室階に移動したところ。
京都というだけあって、どことなく和の雰囲気を感じるエレベーターホール。

f:id:biketourist08:20200210115753j:plain

窓際が特徴的

部屋に入ってまず目につくのは窓にはまっている障子。
光が当てられていることもあって、部屋がだいぶ明るく感じられる。

最近、部屋の明かりが暗めのビジネスホテルが比較的多いように感じるが、
個人的には作業しやすい、明るい部屋の方がありがたい。

f:id:biketourist08:20200210115805j:plain

部屋全景

後から調べるに、この日はどうやら「スーペリアツイン」にアサインされたらしい。

クッションカバーがえらく高級そうな雰囲気を醸し出していたのだけれど、
あれは西陣織かなんかだったのだろうか。もう少しちゃんと眺めてみればよかった。

f:id:biketourist08:20200210115815j:plain

デスク周り

南部鉄器?の鉄瓶が洒落ている。
風呂敷の中には文具等が入っているらしい(開けなかった)。

f:id:biketourist08:20200210115827j:plain

水回り

水回りも広さは十分。アメニティ類は木箱の中に入っている。
一人利用に合わせて、二人部屋だがアメニティは一人分で揃えられていた。

一人で利用するときに二人分あっても困ってしまうから、これでいいのだけれど、
その辺りを絞ろうという意識が働くくらい、ホテルの危機感を感じた瞬間。

f:id:biketourist08:20200210115837j:plain

バス・トイレは別

普段泊まるホテルではあまり見かけない、丸い形の浴槽。
蛇口と反対側の縁の出っ張りは、枕のようなもの。

ホテルの浴槽にお湯を張ろうとする場合、自動湯張り機能のようなものはないから、
自分で止めにいかないといけないが、ちょっとベッドに横になると寝てしまう。

ここはそんなお客さんが多いのか、蛇口に自動ストップ機能がついていた。
(トースターのスイッチのような感じで、設定した目盛りになると勝手に止水する)
あると地味に便利かもしれない。

f:id:biketourist08:20200210115846j:plain

見慣れないシャンプー

シャンプーはCⅢ TRIPLE Cなるあまり聞きなれないもの。

これも後から調べてみると、ペリカン石鹸のブランドらしい。
ペリカン石鹸というと、PROVINSCIA(アーモンド)のイメージが強いのだけれど、
これはGREEN TEAだった。

特に翌日の予定を決めるでもなく、だらだらしながら就寝。
翌日は朝起きてみると、予想外の展開が待ち受けていて急いで宿を発った。

今回の価格でまた泊まれるなら是非リピートしたいと思うけれど、
元の価格に戻ったら(戻るだろう)、違うところを試したくなってしまうかなと。

そんな滞在。