日本の迷い方

旅行を、ちょっとだけ快適に。

【滞在記】ホテルJALシティ名古屋 錦

日付:2020/02/xx
泊数:1泊

引き続き名古屋の定宿探し。

biketourist.hatenablog.com

このフライトでセントレアに到着し、ほぼロスタイム0でミュースカイに乗車。
おかげで19:50に着陸したにも関わらず20:30過ぎには名古屋駅にたどり着いた。

ちなみに、乗換がない場合、ミューチケットは携帯で購入できる。

www.meitetsu.co.jp
名古屋到着後、どこで食事しようか迷って、結果新幹線口側でラーメンを食べることに。
名古屋駅から歩くこと5分ほどで到着。2回目の訪問。

tabelog.com

到着時点で10人くらいが列に並んでいて、20分くらいで入店。
真っ白な担々麺は見た目に反して結構辛かったのが意外だった。

f:id:biketourist08:20200209235057j:plain

担々麺

この日の宿は伏見エリアにあって、食事したお店とは駅を挟んで点対称の場所。
電車で向かうのも微妙な距離で、散歩がてら歩いて向かうことに。

途中、名古屋名物の「ナナちゃん人形」の足元を通過。
普段見慣れていない者からすれば、やっぱりどうにも不気味に感じてしまう。

f:id:biketourist08:20200209235119j:plain

就職活動モード

名古屋駅からホテルまでのルートは比較的簡単。

一番分かりやすいのは、名鉄百貨店のアーケードをナナちゃん人形まで進み、
名古屋モード学園の特徴的なタワーのたもとにある交差点(笹島交差点)を左折。
広小路通を栄方面へしばらく進むと川があり、これを渡った直後に左折。
左折する頃にはもうホテルが見えているはず。だいたい駅から歩いて15分前後。

ホテルの外観はランダムパターン。
どういう意図かはわからないが、個人的にはテトリスにしか見えない。

f:id:biketourist08:20200209235138j:plain

ホテル外観

フロントは2階。
ちなみにエスカレーターは夜は上り、朝は下り運転。

f:id:biketourist08:20200209235152j:plain

フロントは2階

この日の部屋は「シンプルクイーン」。
「シングル」という部屋の設定は無いようで、最も標準的な部屋のはず。

f:id:biketourist08:20200209235221j:plain

入り口から

左手に水回り、奥に居室といった、標準的な形の部屋。
最近、水回りの扉が木の引き戸になっているホテルが増えてきた気がする。

f:id:biketourist08:20200209235253j:plain

部屋全景

デスク前のソファはなにか手を加えた訳ではなく、最初からこの向きだった。

枕元にも電源が完備され、特にこれといって気になる点は見当たらなかったが、
強いて言えば、部屋のサイズに比してちょっとTVが小さく、ベッドからだと少し遠い。

ただ、思い返すと(というより読み返すと)先日札幌で泊まったJALシティもそうだったから、
このくらいのサイズがJALシティ標準なのだろう。

biketourist.hatenablog.com

水回りは随分と余裕のある造り。
黒基調の札幌と比べると、白基調のこちらの方が個人的には好み。
手入れするのは大変そうだけれど。

こうして改めて2店舗の写真を見比べてみると、根っこの部分は共通点が見える。
カーペット等の内装を変えるだけでこうも違うのか、と少しビックリした。

f:id:biketourist08:20200209235334j:plain

水回り

バス・トイレ別の浴室は、割と大きめの浴槽つき。

f:id:biketourist08:20200209235349j:plain

浴室まわり

f:id:biketourist08:20200209235358j:plain

シャンプー類

翌朝がほどほど早いこともあって、ちょっとばかし事務作業をしたのち就寝。

今のところ名古屋で一番気に入っているのだけれど、
名古屋駅からのアクセスがほんの少し遠いのと、宿泊費が少し高めなのが難点。

しばらくの間、ちょくちょく名古屋を訪れる機会があるから、
もう少し色々試してみようかと思っているところ。