日本の迷い方

旅行を、ちょっとだけ快適に。

【搭乗記】JL3087(東京成田/中部国際)

便名:JAL3087
日付:2020/02/xx
機材:B787-8(E12)
区間:東京成田(NRT)18:30→中部国際(NGO)19:50
区間マイル:193

「成田シャトル」で成田空港に辿り着き、ここから飛行機で名古屋へ。
大崎にいたのだから新幹線で向かえばいいのだけれど、もはやこれは趣味の範疇。

biketourist.hatenablog.com

バスが到着するのは国際線の出発エリア。
ターミナルに入ると、目の前には真新しい自動荷物預け機が。

f:id:biketourist08:20200209194125j:plain

見慣れない機械


この手の設備はJALが苦手にしてきた領域のイメージ。
他社事例を受けて、使いやすいものになっているといいのだけど。
そのうち一度試してみたいところ。

国内線の出発エリアは国際線よりも1つ下のフロア。

主な用途は海外帰りの国内連絡、
しかも国内主要都市への便が立て続けとあって、荷物を預ける人で長い列が。
どちらかと言えばこっちの方が自動機が必要そうにもみえる。

f:id:biketourist08:20200209194202j:plain

渋滞中

ダメもとでチェックインついでにアップグレードのキャンセル待ちに申し込み、
手荷物検査場を通過し、ほんの少しだけラウンジに寄り道。

ラウンジは結構な混雑で、席を見つけるのに少し難儀。
写真はないけれど、成田のサクララウンジは国内線だけれど軽食があるのが特色。
デニッシュだとか、そんなものが陳列されていた。

この日の中部国際行きの搭乗口はBで、ラウンジからエレベーターを降りるだけ。
成田の国内線は近いところと遠いところの差が激しい。

ゲートにつくか着かないかくらいのところで、「クラスJは満席」のアナウンス。
路線柄、直前キャンセルということもないよな、と勝手に納得。

f:id:biketourist08:20200209194219j:plain

バスゲート

第1ターミナルと第2ターミナルの間くらいまでバスで輸送されて搭乗。

この日の機材はB787-8で、E12という座席配置。
元々の配置(E11)からビジネスクラスが少なくなり、プレミアムエコノミーを廃止。
そのスペースにエコノミーを設置して、トータル25人多く搭乗できるようになった。

www.jal.co.jp


特典航空券を取るとき、時おりクラス間の必要マイル数が逆転しているのを見るに、
プレミアムエコノミーよりも、単価は低くてもエコノミーを埋めよう、
ということなんだろうか。

ともあれ、この日はエコノミークラスの座席に収まった。

f:id:biketourist08:20200209194237j:plain

SKY WIDER

こと国際線のエコノミーに関しては、賞を受賞しているだけあって、
JALが他社と比べて快適性の面で群を抜いている。

press.jal.co.jp


前後左右ともに、エコノミーでも座席周りはそんなに窮屈だとは感じない。
座面は硬めなので、長時間乗っているとお尻が痛くなってくることはあるが。

f:id:biketourist08:20200209194306j:plain

足元の余裕も十分

ただ、近頃ではSKY WIDER仕様の座席を使用しつつ、
間隔を狭めた?機材※が登場したり、前ほど「新・間隔エコノミー」を押し出さなくなったりと、
方針を変えたかと思わせるイベントが続いていることから、
今後の方針をどのように打ち出していくのか、個人的には興味深い。

ある程度年数が経って、もはや新じゃないだろう、ということなんだろうか。

座席の埋まりは50%は超えているだろう、といったくらいの水準で出発。
状況が状況だけに人の流動は確実に落ちているように感じる。

f:id:biketourist08:20200209194336j:plain

隣は空席

隣のスポットにいた伊丹行きの便が見えなくなって、しばらくしてから出発。
出発したものの、徐行と停止を繰り返し、なかなか滑走路までたどり着かない。
どうやら離陸機渋滞に巻き込まれたらしく、結局離陸したのは19:08だった。

飛んでしまえばあっという間で、離陸から42分後には着陸している。
その前に乗った成田シャトルもそうだけれど、運航計画というのは良くできている。

20時前にドアが開き、急いで駅に向かった結果、20:07のミュースカイに間に合った。
名古屋で降りて、この日は名古屋泊。

※余談

B777-200ERのうち、W61は羽根より後ろの区画が12列(45-57)なのに対し、
W63/W64は13列(45-58)。

www.jal.co.jp