日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【搭乗記】NH1891(東京羽田/八丈島)


■Sponsored Link

便名:ANA1891
日付:2020/01/xx
機材:B737-800(738)
区間:東京羽田(HND)07:30→八丈島(HAC)08:25
区間マイル:177

あまりに復路の記憶が鮮烈すぎて、往路の記憶が薄れつつある。

(往路搭乗記はこちら) 

biketourist.hatenablog.com

既報のとおり、八丈島に行ってきた。予約をしたのは出発前夜。というのも、空席は沢山出ていた上、出発数日前に「トクたびマイル」の路線発表が控えていたから、これを見てから手配しようと思っていた。

(以下、公式サイト)
www.ana.co.jp

結果、八丈島は対象に含まれてはおらず、片道は購入し、片道は普通の特典航空券を手配することに。人生そんなにうまくいくものではない。ともあれ、当日朝早くに空港に到着し、ターミナルが開くまで車で待機。出発1時間ほど前に検査場を抜けてラウンジへ。

f:id:biketourist08:20200128224936j:plain

まだ人影まばら

朝一番のこの時間帯ともなると、さすがに人影まばら。JALラウンジにはない青汁を飲みながらぼーっと出発を待つ。

出発25分ほど前にラウンジを出発して搭乗口へ。ローカル線とはいえ、ターミナルの端でもPBBかと思えば相変わらずのバスゲート。ターミナルの奥まで歩くのとバスゲート、どっちが楽かというと難しいところ。どうやら、3月から国際線の一部が第2ターミナルに移管されるらしいから、そうなると、また国内線はバスゲートが増えるような気が。

(以下、公式プレスリリース)

www.anahd.co.jp

f:id:biketourist08:20200128224948j:plain

バスゲート

乗ったのは2台目のバス。出発すると5分とかからず、第2ターミナル前のスポットに到着。搭乗機に到着したときにはまだ1台目のバスの乗客が搭乗中だった。

f:id:biketourist08:20200128225035j:plain

搭乗機

チケットを買った時点で空席多数だったから、ガラガラだろうと踏んでいたのに思いのほか搭乗客が途切れない。周りの席が一通り埋まったところで出発。機内はやけにスポーティーな格好をした乗客が多く、どういうことかと思っていたが、現地に着いてみたらマラソンが開催されていた。

f:id:biketourist08:20200128225053j:plain

割と混んでる

空港内をごろごろ走って、千葉方面へ離陸。国内線で東京から南に向かって飛ぶ路線はあまりないから、どこか不思議な風景。

f:id:biketourist08:20200128225112j:plain

遠くに富士山

同じ東京都内ということで何となく近いイメージがあった八丈島だけれど、177マイルは那覇から宮古島と同距離で、東京名古屋(194マイル)よりも少し近いだけ。あっという間に降下を開始し、しばらくすると遠くに島陰が見えてきた。それにしてもこの飛行機、窓が汚い。

f:id:biketourist08:20200128225208j:plain

アプローチ中

街の上を掠めるように飛んで着陸。気流が乱れやすいという噂の八丈島空港だが、特に揺れることはなかった。そういえば、過去500回以上搭乗した中で、ゴーアラウンドに遭遇したことは1回だけ。なんだかんだ天候運には恵まれているのかもしれない。

f:id:biketourist08:20200128225235j:plain

手が届きそうな距離

平行誘導路なんてものはなく、滑走路上でUターンしてエプロンへ。概ね時間通りにスポットイン。

f:id:biketourist08:20200128225251j:plain

到着

ターミナルの到着案内には、羽田では見慣れない島の数々。異国とまではいかないまでも、遠くに来たな、という気持ちにさせられる一幕。

f:id:biketourist08:20200128225308j:plain

一度行ってみたい青ヶ島