日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【搭乗記】JL0209(東京羽田/中部国際)


■Sponsored Link

便名:JAL0209
日付:2019/12/xx
区間:東京羽田(HND)19:10→中部国際(NGO)20:15
区間マイル:193

記事の便で大阪から帰ってきた翌日の夜に名古屋へ向かう。

(前日の搭乗記はこちら)

biketourist.hatenablog.com

2019年のサファイア獲得が見えてきたこともあって、特便だと新幹線より若干安いのをいいことに、この日も飛行機で移動。18時ちょっと過ぎに羽田空港に到着。

以前の記事でも取り上げた、「JAL SMART AIRPORT」。南ウィングに比べて北ウィングは工事が進んでいるようで、あちこちが仮設カウンターに置き換わっている。

(公式プレスリリースはこちら)

press.jal.co.jp

f:id:biketourist08:20191214102114j:plain

過渡期

上記プレスリリース中にある、「JGCカウンターのリニューアル」も、たしかに進んでいるように見える。JGC会員用のエントランスは未稼働の部分が覆われているものの、検査場等、一部のエリアはすでに運用が開始されていた。 

f:id:biketourist08:20191214102126j:plain

入口

f:id:biketourist08:20191214102142j:plain

カウンター予定地

ついこの間までの自動ドアを抜けたらすぐに検査場でも、利用上の不都合はなかったのだけれど、大分洗練された感じに変わった。ちなみに福岡空港同様、ここを通過すると制限エリアの通路に出るので、ラウンジに直接繋がってはいない。よくも悪くも、ダイヤモンド・プレミアとの差が縮まってしまった印象もあるものの、あちらは検査場からラウンジ直結だから、そこで差別化する感じか。

ここしばらく、手荷物検査場の締切ギリギリに通過することが多く、ラウンジに寄る時間もないケースが続いていたのだけれど、この日は気持ち早めに着いたのもあって、久しぶりにサクララウンジへ。羽田はサクララウンジ以外もカードラウンジが雰囲気が良いから、搭乗口の場所次第ではそちらに行くのもあり。

f:id:biketourist08:20191214102154j:plain

下り専用エスカレーター

f:id:biketourist08:20191214102216j:plain

エスカレーターを降りたところ

南北ともに、サクララウンジの奥の方に搭乗口行きの下りエスカレーターが。たとえば北ウィングだと、これを降りたところの搭乗口は15番と16番の間くらいで、大抵、大阪や札幌といった幹線の搭乗口になっている気がする。

f:id:biketourist08:20191214102400j:plain

この日の搭乗口は31番

この日のセントレア便はバスゲートからの搭乗。この便、今まで24番あたりのターミナルの最果てからの搭乗が多かったのだけれど、10月からの冬ダイヤになったタイミングで変わったんだろうか。そういえばこの冬ダイヤから、セントレア→羽田の夜便が時間が少し後ろ倒しになった上で、国際線機材から国内線機材に変わっているのも変化点。

f:id:biketourist08:20191214102234j:plain

39K

機材はB737-800(V32)で、座席は39K。

(公式サイトのシートマップはこちら)

www.jal.co.jp

B737の最後方列は2人掛けで、中央よりに設置されていることもあって、窓側ではあるものの窓からは少し離れて座席が設置されている。ちなみに足元に荷物を置く場合、自分の正面に置く必要があるので注意(席がない本来の窓側席の座席下に荷物を置くことはできない)。

夜なので特に窓の外を眺めるでもなく、ぼーっとしている間に離陸。

中部に向かう便は大阪へ向かう便とは違って海側を通らず、どちらかというと福岡等々へ向かう便と同じようなルートで飛ぶ模様。後から飛行履歴を見ると、左手に富士山を見ながら内陸部を飛び、飯田あたりから豊橋伊良湖岬上空で右旋回してセントレアに向かったらしい。セントレア到着は定刻から約10分ほど遅れた20:25頃。

f:id:biketourist08:20191214102259j:plain

ご当地荷物回転台

最終目的地までのバスまでしばらく時間があったので、食事してから向かうことに。セントレアの飲食店(というよりは日本各地の空港どこもだけれど)は、総じて店仕舞いが早く、ここセントレアだと21時以降営業のお店は7軒のみ。羽田なんかも到着して食事しようと思うと店がない、というケースはよくある話。

(以下、セントレア公式サイト)

www.centrair.jp

荷物回転台で見つけたから…ではないけれど、何となく味噌カツの気分で、21:00がラストオーダーの「矢場とん」にぎりぎりの入店。

(以下、外部サイトの店舗情報)

tabelog.com

f:id:biketourist08:20191214102314j:plain

すぐに出てきた

合宿帰り?の学生なんかもいて割と店内は混雑していたものの、注文したメニューはさして待つでもなくすぐに提供された。おかげで早食いするでもなく、ゆっくり食事してその後の移動に間に合った。