日本の迷い方

旅の知恵袋になりたい、という話

【搭乗記】JL0920(沖縄那覇/東京羽田)


■Sponsored Link

便名 : JAL0920
日付 : 2019/11/xx
機材 : B777-300(773/W24)
区間 : 沖縄那覇(OKA)20:05→東京羽田(HND)22:15
区間マイル数 : 984
運航会社 : JAL 

一連のごたごたでろくな滞在時間も取れずに沖縄を発つ。

(ここまでの搭乗記はこちら)

biketourist.hatenablog.com

f:id:biketourist08:20191208075308j:plain

人影まばら

昼間は多くの人で込み合っている空港の通路も、残り数便とあって人影まばら。そういえば、到着した夕方は修学旅行生のような団体も何校かいた。

搭乗するのは最終便1本前の920便。最終便は日によってB767だったりB737だったりで、機体が小さい日は運賃が高め。一方で920便は搭乗した2019年現在JALで最大の収容人数を誇るB777-300で、この便の方が安いことが多い。

f:id:biketourist08:20191208075321j:plain

44K

ほぼ満席で、定刻に出発し滑走路へ。

滑走路手前でしばらく止まっていたと思ったら、手前の誘導路から、スターアライアンス塗装のB737?が追い抜いて先に離陸。小型機→大型機の順の方が後方気流の問題等々で良いのかもしれないけれど、待たされている方からするとちょっと解せない。

離陸する頃、進行方向はあまり雲もなく、先行機が上昇する様子がかなり近くに見えているなかで追いかけるようにして離陸。そういえば、ここしばらく大型機といえばA350ばかり。久しぶりにB777に搭乗するとエンジン音が異様に騒がしく感じた。つまり、それほどA350が静かということなのだろう。

上がってからも先行機の行き先と様子が気になって、機内Wi-Fiで追跡。このくらいの大型機になると後方席はアンテナが遠いのか、電波の入りがあまり良くないような。感覚的な話で、特にデータで確認した訳ではないが。

調べてみると行き先は同じ羽田で、機材はB737の模様。水平飛行に移ると、機体の性能の差か対地速度で約50ktくらいの速度差があった。その後奄美上空くらいで追い付いたのち、じわじわ後方に離れていった。

最終的に羽田に到着する頃には結構な差が開いて、間に何機か着陸機が差し込まれたうえ、えらく遠回りのルートで飛んでいった模様。これでこちらが後回しにされていたら中々残念な思いをするところだった。

いつも通り、JAL側の滑走路(34L)に着陸して、概ね定刻通り到着。翌日の朝は06:50の便で出発するのだけれど、これはまた別の話。