日本の迷い方

旅行にひとつ、素敵な思い出を。

【搭乗記】JL0303(東京羽田/福岡)

便名:JAL0303
日付:2019/11/xx
区間:東京羽田(HND)06:15→福岡(FUK)08:15
区間マイル数:567

 
私用の次は出張で九州へ。
重複投稿かと思うほど全く同じ行動パターン。

前日、用事で自宅に帰ったのが23時を過ぎてからだったから、
翌朝起きられるかというよりも、そもそも寝られるのかといった状態。

結局3時間くらい寝たような、寝てないような、といった感じで、
朝、最寄り駅から始発で羽田空港へ。
眠いときに限って寝られず、ようやく寝られたと思ったところで到着。

ちなみに、10月から京急が運賃を値下げした。

www.asahi.com

元々の運賃(410円)もさして高いと感じるほどではなかったものの、
改定後の品川→羽田空港290円はインパクトがある。
その関係か、ここ最近京急が目に見えて混んでいる。

空港に着くと、チェックインカウンター周りにいくつもの工事区域が。
恐らく、「SMART AIRPORT」に関連するもの?
press.jal.co.jp

自動預け機だとか、それらの分野にはあまり積極的でなかった(ように見える)
JALが、今後どうなっていくか興味深いところ。
現在は過渡期とあって、カウンター・自動チェックイン機共に減っている?のか、
それぞれ物凄く混雑しているので、気持ち早め到着だと安心できるかもしれない。

この日の予約はクラスJで、例の如くアップグレードには失敗。
中々縁遠いファーストクラス。

f:id:biketourist08:20191203205200j:plain

7G

この便は予約段階で窓際を確保できず、その後変更することをすっかり忘れ、
結果的にそのまま中央通路側の席に落ち着いた。

搭乗後、何やら出発準備に手間取ったようで、出発は約15分遅れ。
まずは安全が最優先とはいえ、
近頃、徐々に定時性が損なわれているような気がするのが少々気になるところ。

寝不足の睡魔もあり、この日も離陸前には眠ってしまった。
起きた頃にはドリンクサービスどころか最終の着陸体制に入ろうとしたところ。
最近ろくに起きていたためしがない。

f:id:biketourist08:20191203205229j:plain

前方映像

まるで頭が廻っていない状態でぼーっとしているうちに着陸、
着陸時の振動でようやく少し目が覚めた。遅れは少し挽回して、数分程度で収まった。

飛行機から降りたあと、次の予定までどの程度のバッファを挟むかいつも迷う。
国内なら、だいたい30分もあれば大抵何とかなるだろうとは思いつつも、
最近しばしば、それなりの遅延に巻き込まれるのはどうしたものか。

f:id:biketourist08:20191203205319j:plain

あっという間に増えてきた

到着出口に向かう通路から搭乗機を眺めていると、隣もA350
ついこの間1号機が来たと思えば、あっという間に4号機。

福岡では大分周知されてきたのか、
家族連れだとかビジネスマンのような一般客とおぼしき人たちが、
乗って来た機材の話題を口にしているのが印象的だった。

f:id:biketourist08:20191203205348j:plain

空港内で朝食

朝イチのフライトともなると、福岡に着いてまだ9時前。

tabelog.com

空港内のうどん屋で朝食をとってから次の目的地へ移動。